今、最も着たいアイテムは女っぽニュアンスの【シャツワンピ】ストライプ柄編 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ワンピース
  4. ワンピースコーデ
  5. 今、最も着たいアイテムは女っぽニュアンスの【シャツワンピ】ストライプ柄編

FASHION

2017.05.30

今、最も着たいアイテムは女っぽニュアンスの【シャツワンピ】ストライプ柄編

きちんとかしこまって見えがちだったシャツワンピースが、ハリ感素材&長め丈で、ぐっと女っぽくおしゃれに進化!さらっと一枚で着ても上品にキマるうえレイヤードしだいで秋まで長〜く着回せる、大人が買うべき2大タイプを発表します!

知的な清潔感が漂う旬柄は、今季らしさもNo.1!【ストライプ柄】

シャツ界を席巻中のストライプ柄は、ワンピースでも要注目! ふんわり今どきのシルエットも柄の効果で凜とした印象をキープでき、オフィスにふさわしい知的さが。白を効かせた配色なら、涼しげなフレッシュさがさらにアップ!

サイドにあしらわれたすそのフリルがさりげない女性らしさをプラス

初夏にふさわしいさわやかな白×ネイビーのワンピースは、ひらひらと風に揺れるサイドのすそがチャーミング。ノーカラーデザインと相まって、しなやかな女らしさが漂って。ワンピース¥38,000(オールウェイズ〈エムフィル〉) バッグ¥96,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉) 靴¥17,000(モード・エ・ジャコモ〈カリーノ〉) バッグに付けたストール¥10,300(フレディ&グロスター二子玉川店〈シトラス〉) 時計¥26,500(ピークス〈ロゼモン〉) ピアス¥24,000(リンクス オブ ロンドン青山店) チョーカー¥35,000(スタージュエリー丸の内店〈スタージュエリー〉) バングル¥12,000(ジュエッテ)

まずは一枚でシンプルに…〝大人っぽニュアンス〟を楽しみたい! 主役級シャツワンピース厳選

Maison deBeige(メゾン ド ベージュ)
太めのピッチ&まろやかな配色が品よく優しげな表情

しなやかに風をはらむ生地感で、ドラマティックな表情が実現。落ち着きのある配色だから、丸いすそのカッティングや胸ポケットのボーダー柄で、抜け感を意識するのが正攻法。レザーベルトを投入すれば、オフィスにふさわしいきちんと感が瞬時にかなう。ワンピース[共布ベルト付き]¥21,000(Maison de Beige) バッグ¥42,000(アマ ン〈ペリーコ〉) ベルト¥22,000(essence of ANAYI〈MAISON BOINET〉) ネックレス¥27,000(ココシュニック) バングル[太]¥7,500(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈エー・ヴィー・マック ス〉) バングル[細]¥11,000(ジュエッテ)

ADORE(アドーア)
コットンのハリ感とクリアな白で、透明感高く

ネイビーベースのストライプは一枚で適度な存在感がかなうので、ワンピース初心者にも着こなしやすいはず。ベルトはバックルに通すのではなく、ラフに結ぶことで余裕のある大人の着こなしに。ワンピース[ベルト付き]¥36,000(ADORE) バッグ¥135,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 時計¥66,000(アガット) ピアス¥3,200(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バングル¥16,000(ノーリーズ&グッドマン銀座本店〈フィリップ オーディベール〉)

TICCA(ティッカ)
フォルム、色、ブランド…。押さえて損なし!の〝鉄板〟な一枚

シャツワンピースブームの火付け役といっても過言ではない〝ティッカ〟。背中のダーツがつくる丸いフォルムや白×ブルーの配色は、王道にしてバツグンの洗練感! ワンピース¥26,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ティッカ〉) バッグ¥68,000(アングローバルショップ 表参道〈ヘリュー〉) 靴¥29,000(TOMORROWLAND〈PELLICO SUNNY〉) イヤリング¥2,000(フレディ有楽町マルイ店〈フレディ エミュ〉) バングル¥14,000(デミルクス ビームス 新宿〈メゾンボワネ〉)

夏を越えて秋まで着られる! 〝ストライプ柄シャツワンピース〟フル活用の季節スライド

一枚ではもちろん、アウターやトップスとしても着られるのがシャツワンピースのスゴいところ。春、夏、秋の3シーズンアレンジで、コストパフォーマンスのよさを証明します!

着回したのはTICCA(ティッカ)のシャツワンピース

合わせやすく、落ち着いた印象のモノトーンストライプ。小さめの襟や、前後で長さが異なるアシメトリーな丈に今っぽさが漂う一方で、シャツ独特のぱりっとした素材にキレのいい清潔感が宿り〝きちんと見え〟がかなう。ワンピース¥26,000(ティッカ)

【5月】軽快なストライプ柄が、王道のニット×タイトを今どきにアップデート

 

主張のあるきれい色も、モノトーンストライプなら小粋に受け止めて洗練印象に導く。ニット¥12,000(デミルクス ビームス 新宿〈ルトロワ〉) スカート¥14,000(エム・アイ・ディー〈ブレンヘイム〉) バッグ¥47,000(CPR TOKYO〈フリン〉) 靴¥26,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルス コーニ〉) ベルト¥18,000(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈メゾン ボワネ〉) 時計¥50,000(栄光時計〈コーチ〉) バングル¥30,000(ストローラーPR〈プリュイ〉)

【7月】長めスカートが主流の今だからできる! シャツとして着る新発想

ワンピースをトップスとして仕込むのは、ありそうでなかったテクニック。背中はふんわりブラウジングさせて、余裕たっぷりに。スカート¥7,900(CLEAR IMPRESSION) バッグ¥14,000(TIARA〈ラ ピエス〉) 靴¥33,000(アングローバルショップ 表参道〈カミング アトラクションズ〉) バッグに付けたスカーフ¥7,800(エリオポール銀座〈マニプリ〉) ピアス¥24,000(デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店〈ルーベル デザイン〉) バングル¥12,000(ジュエッテ)

【9月】黒&レザーをちりばめてワンピースの優しさをハードに味付け

タートルネックをインすると、コーディネート感が高まって上級に。ライダースやブーサンなどロックな合わせで、ギャップの効いたおしゃれを楽しみたい。〝アルアバイル〟のジャケット¥47,000・〝ソコ〟のネックレス¥14,000(アルアバイル) ニット¥28,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) バッグ¥44,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥49,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 時計¥75,000(栄光時計〈モバード〉) ピアス¥44,000(ココシュニック)

今、最も着たいアイテムは女っぽニュアンスの【シャツワンピ】サファリニュアンス柄編につづく

2017年Oggi5月号「5月になったら、“女っぽニュアンス”なシャツワンピ!」より。
撮影/遠藤優貴(モデル/MOUSTACHE)、魚地武大(静物) スタイリスト/渡辺智佳 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/林田岬優(本誌専属)、土屋巴瑞季 撮影協力/新丸ビル、三菱地所 構成/小林桐子(Oggi)

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.27

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature