Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. feature(fashion)
  4. 丸林広奈
  5. 【女子旅@パリ】キラキラのエッフェル塔にうっとり…♡ CanCamスタイリスト丸林広奈のパリ定番お散歩コース

FASHION

2017.04.16

【女子旅@パリ】キラキラのエッフェル塔にうっとり…♡ CanCamスタイリスト丸林広奈のパリ定番お散歩コース

今週もパリからお届けします!

みなさん、ボンジュール!
CanCamスタイリストの丸林広奈です。

先週から大好きな街・パリに来ています♡ 大学卒業間際に約1か月半滞在してから早数年……「ついにここに戻ってこれた〜!!」と改めて感激。凱旋門をバスで通ったときは何だかジーンときてしまいました。
ということで先週に引き続き今週も「my addict in Paris」と題してパリから連載をお届けします♪

a

「また絶対に行きたい!」と思い焦がれていた地で、「今日はどこへ行こう? 何をしに行こう!?」とワクワクが止まらない毎日。凱旋門しかり、この1週間でいわゆる“パリっぽいところ”をすでにいろいろとまわってきました♪

今回は私の“Theパリなお出かけ風景”を写真盛りだくさんで紹介していこうと思います!

パリでの定番お散歩コースを紹介します♪

さてさて、パリに着いてまずはじめに向かったのはエッフェル塔。街のシンボルを背景に、ウキウキ気分でパチリ✭

b

昼間の景色もいいのですが、日没後の毎時0分から5分間はキラキラ光る「ダイヤモンド・フラッシュ」という特別ライトアップが行われます。

c

このまばゆいライトアップがもう言葉では表現できないくらい美しいんです…!! これもまた目にすることができて本当に嬉しかったなぁ…。
Instagramに動画を上げているのでそちらも見てみてください♡

▶動画はこちら

夜景といえば! 前回パリを訪れたのは冬真っ盛りのクリスマスシーズンで、15時には日が沈んで真っ暗に…。だけど今の時期は21時くらいまで昼間のように明るくてびっくり! 同じ街でもまるで印象が変わります。
当然ながら気温も違っていて、暖かく穏やかないいお天気が続いています。気持ちいい日差しの下だと普段以上にお出かけの足取りも軽やかになるもので…♪
お散歩しては、緑がキレイな庭園での〜んびり。

dd

d

e

f

チュイルリー庭園→ルーブル→パレ・ロワイヤル→サントノーレ通りへ…と歩いていくのが、ここ1週間の定番お散歩コース。
こんなにも広大な庭園や歴史的な建造物、アートを感じられる場所が街に息づいているのもパリの魅力。ただ歩いているだけでも、自分の中にどんどん新しいインスピレーションがたまっていきます。

そうそう、オルセー美術館にも行ってきました。

ggg

g

ゴッホ、ルノワール、モネ…印象派の作品がすごく印象的。明るくて繊細な色彩、それでいて大胆な筆づかいで描かれる光の質感…どれも見入ってしまいました。こうして写真撮影ができるのもいいところ。日本だと美術館や博物館の中ではなかなか撮影って許可されていないですよね。

gg

h

j

特に、モネの作品をたくさん見られたのは自分にとってすごく素敵な経験になりました。…と言いつつ、夢中になったあまり、うっかり写真に収めそびれてしまいました(笑)。

と、こんな感じでパリならではの風景やアートに刺激を受ける日々です。

そして毎日のように足を運んでいるのが、世界最初の百貨店ともいわれているボン・マルシェ。ときには一日中滞在して、隅から隅までいろんなブランドを見てまわっています。う〜ん、やっぱりこの百貨店が一番好きだな…♡
ということで来週は「ボン・マルシェ」をはじめとしてパリで目にした素敵なファッションについて熱く語ろうと思います。

来週の予告画像@ボン・マルシェ!

i

今日もパリのおしゃれを思う存分感じ取ってきます! みなさんも素敵な週末を…♪

初出:しごとなでしこ

丸林広奈 CanCamスタイリスト

1992年生まれ、福岡県出身。2012年、CanCamスター読者として誌面に登場すると瞬く間に読者から圧倒的な人気を集め、2013年にはなんとCanCamの表紙モデルに抜擢され大きな話題を呼ぶ。そのファッションセンスをかわれ、現在はCanCamスタイリストとして活躍中。誌面コーディネートはもちろん、本人の私服スタイリングにも多くのファンが。ファッションだけでなく、ビューティやライフスタイルまで注目を集めている。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.14

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature