Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. Myジュエリー
  4. 【働く女性の手元コーデ】エディター高橋香奈子は【骨格診断】時計選び

FASHION Myジュエリー

2017.09.01

【働く女性の手元コーデ】エディター高橋香奈子は【骨格診断】時計選び

日々、手元コーデを研究しているOggiエディターの高橋香奈子が出会った、素敵に働く女性の手元を突撃スナップし、紹介していきます!

高橋香奈子

時計、指輪、ブレスレット…それぞれ人生の転機に、自分を励ますアイテムとして迎え入れるものだったりしませんか? そう、働く女性の手元には、おしゃれ心と人生が現れるんです! 今回は僭越ながら、私エディター高橋の手元コーデを紹介したいと思います。

腕時計は骨格診断で「自分に似合うもの」をチョイス

今、巷で「骨格診断」が大人気ですよね。Oggi7月号の別冊付録「私に“似合う”がわかる本」をきっかけに、Oggi編集部でもよく話題にあがっています。

私は、ファッションに悩んでいた20代半ばに、「骨格診断」の理論を学んだことがあります。20代半ばは、アラサーの仲間入りを目前に、これからの自分はこんなファッションでいいのかな、どうやったら理想のおしゃれコーデが実現できるんだろう…という悩みがあったんです。そんなとき、「骨格診断」に出合い、その悩みを解決してくれる糸口になるかも…と期待して学び始めました。

そこで知ったのは、私自身は「ストレート」タイプだということ。シャツやジャケット、すっきりとしたシルエットのパンツやタイトスカートなど、比較的コンサバでベーシック、そして正統派な服が似合うタイプということでした。

この「骨格診断」は、30歳になって、大人の「品格時計」が欲しい! と思ったときにもすごく役立ちました。Oggiでもよく取り上げますが、「品格時計」とは――職場で後輩もできてきて、仕事にもそれなりに自信がついてきたアラサー世代が、手に入れたいと思い焦がれるようになる上質な本格時計のこと。一生ものになるし、それなりに値段もはるので、絶対に失敗したくない買い物になります。

「骨格診断」でストレートタイプなら、適度な大きさがある四角フェースか丸フェースの正統派なデザインが似合うと言われています。だから、私も「品格時計」を選ぶとき、迷わずそれに該当するタイプを選びました。“ジャガールクルト”の名品、レベルソです。レベルソの中でも、大ぶりのものを選びました。

ちなみに、ウェーブタイプは、丸フェースや楕円フェースで、女性らしく華奢なタイプ。ナチュラルタイプは、四角フェースや丸フェースで、ボリュームがあるメンズライクなデザインが似合いますよ。

「骨格診断」をガチガチに守って洋服選びをしようと思うと、トレンドものをうまく取り入れられなかったり、着たい服が着られなかったりしますが、「品格時計」のような、ここぞの買い物にはうまく活用してみるのもいいかもしれません。

(写真上)
時計/ジャガールクルト
リング/エルメス

服や時計が正統派でシンプルな分、インパクトリングで遊びを効かせて

私はベーシックカラー&シンプルなスタイルが好きなので、ネイビーのワントーン、黒×グレージュの日など、洋服は割と地味な方です(笑) 。ファッションエディターと言えども、打ち合わせで初めて会う人も多いので、“ちゃんとして見えること”も大事にしています。特に30歳を過ぎてから。

そんなとき、コーディネートのアクセントになってくれるのがジュエリーだと思っています。 私が重宝しているのは、ひとクセあって、存在感のあるデザインのリング。

これだけを見ると、結構エッジが効いていますが、大人のシンプルな服に投入すると、ちょうどいい塩梅になってくれるんです。

いちばん最近買ったのは、大きな丸モチーフがひとつ付いたシルバーのリング。ティファニーの新作のボールリングで、夏休みに行ったグアムで手に入れました。ボールがいちばん大きいタイプを買ったので、これひとつでけっこうな存在感があるんです。ほかには、イギリスの通販サイトASOS(日本までの送料無料!)や、H&Mなどのプチプラショップや、セレクトショップのジュエリーコーナーもよくチェックしています。

辛口でシンプルなコーデが多いから、赤ネイルで女らしさを投入

この時のネイルは、深い赤のワンカラーのジェルネイル。これも服が地味だから、バランスを取ってくれる役割を果たしてくれます。

そう言えば、この前撮影で一緒になった男性ヘアメークさんが、「ジェルネイルよりマニキュアの方が(自分で細やかに手をかける必要があるから)、ちゃんとしている感じがする」と話しているのが聞こえてきましたが…そんなことを言われても、手間がかからず、楽チンで、時短できるジェルネイルがいい! と思っちゃう私は、やっぱり女子力が低いんでしょうか(汗)。

さて、次回からは、雑誌を編集するにあたってお会いする皆さんに突然、撮影のお願いをさせていただき、おしゃれな方々の手元を研究していきます。プレス、スタッフ、読者のみなさんもご協力お願いいたしますね!

 

PROFILE/高橋香奈子
一般企業に勤めた後、アシスタントエディターとして愛読誌だったOggi編集部へ。Oggiのエディターとして独立し十数年、ファッション・時計・ジュエリーページを中心に担当。プライベートでは、6歳男の子の母。Instagramは、@takahashi_kanako_


【 おすすめの関連記事 】Read more

Feature