Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ワードローブ
  4. アイテム
  5. 話題のブランド【スローン|SLOANE】【エイトン|ATON】ディレクターにインタビュー!

FASHION

2018.12.26

話題のブランド【スローン|SLOANE】【エイトン|ATON】ディレクターにインタビュー!

気になる! 話題の日本発ブランドをご紹介。【スローン|SLOANE】【エイトン|ATON】ディレクターにインタビュー。こだわりを徹底取材!

日本の働く女性のことをいちばんよくわかった、日本人ディレクターが手がける話題の新進ブランド。この秋、いつものお仕事服に加えてみませんか? ディレクター自身が働く女性だったり、身近に働く女性がいたり、日本人女性のリアルクローズを深く理解したうえでつくるブランドは、上質で、気がきいていて、体を美しく見せてくれるんです! その魅力を掘り下げます!

SLOANE|スローン

おしゃれプロから火がついた日本産のニットブランド。自由が丘の直営店では、豊富なデザイン・サイズが並ぶ。セレクトショップでも展開。

SLOANE|スローン

極シンプルなコーディネートを素敵に見せるオーラをもつニット。脇役と言いながらも、一度スローンのニットを着たら、これじゃなきゃイヤと思わせる魅力が! ニット¥27,000・スカーフ¥16,000(スローン〈スローン〉) パンツ¥62,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) バッグ¥59,000(アマン〈ペリーコ〉) ピアス¥5,800(ロードス〈ジュール クチュール〉)

SLOANE|スローン ニット

ニット¥27,000

SLOANE|スローン ニット

素材・ゲージ・編み方を変えた、使えるニットの型数が半端ない! [左]シルク100%の肌当たりは、一度着たらヤミツキに。カーディガン¥31,000(スローン〈スローン〉)・[中左]ミドルゲージのタートルネックニットは、昨冬早々に完売した大ヒットアイテム。¥29,000・[中右]着こなしの底支えをしてくれる白のウールニット。¥23,000・[右]ふんわりとやわらかいカシミア素材のニットにはファン多数。ニット¥42,000

ATON|エイトン

これまでの概念を覆すこだわりのカットソーを生んだブランド。伊勢丹新宿、H BEAUTY&YOUTHなどで購入可。

ATON|エイトン

カットソーは自在にサイズが選べるからスカートにはあえて大きめを選んで。ほんのり起毛感のあるヌバックのような生地感のコットンカットソー。絶妙なグレージュ系の色出しもさすが。カットソー¥19,000・スカート¥59,000(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉) バッグ¥25,000(アルアバイル) ピアス¥4,000(アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店〈アーバンリサーチ〉)

ATON|エイトン カットソー

カットソー¥19,000

ATON|エイトン カットソー

絶妙な色出しのカットソー! 着心地もよくファン急増中。[左]リブカットソーは、希少なウールを使用。カシミアのような着心地を体感して。¥24,000(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)・[中左]タートルネックのカットソーは、肌が透ける薄さが女らしい。カシミア混。¥17,000・[中右]エイトンの人気のきっかけになった、長めの半そでのカットソー。¥9,900・[右]ビッグシルエットのカットソーはコットン。カットソー¥14,000

Men’s Directors Interview

ATON ディレクター・久崎康晴さん SLOANE ディレクター・小峰明彦さん

ATON ディレクター・久崎康晴さん(左)

アパレル会社でテキスタイル開発を約20年担当したあと、洋服ブランドのディレクションを経て、2016年にエイトンを立ち上げ。自他ともに認める生地マニア。

SLOANE ディレクター・小峰明彦さん(右)

紳士服の企画デザインを経て、インポートアイテムの代理店業務をこなしながら、2016年にスローンを立ち上げ。無類のニット好き。

あったら便利なのにないから自分で、という気持ちからスタート

小峰:私がスローンを始めたいと思った理由は、しっくりくるベーシックなニットがなかなか見つからなかったからです。

久崎:私も一緒。ベーシックなアイテムこそ、惜しいものが多い。あともうちょっとここを変えればもっとよくなるのにと思ってエイトンを始めました。

小峰:海外ブランドの代理店の仕事もやっているので、海外によく行きますが、海外では素敵なブランドも、日本に入ってくるときに、日本市場向けのサイズにつくり変えられてしまうことも気になっていました。身幅を細くしたり、着丈を短くしたり…。今でこそビッグシルエットがはやっていますが、2〜3年前までは、女性のニットは体にフィットするのがセクシーだというのが定説。でも私はそれがよいと思えなくて。だから、スローンのニットは、ほぼ1〜5のユニセックスのサイズでの展開にしています。みなさんがそれぞれ、ほんのり体が泳ぐサイズ感を自由に選んでもらえたら、素敵だなと妄想して(笑)。

久崎:サイズは、エイトンもユニセックス。うちは毎回新しいものをごっそり出すのではなく、シーズンを越えて同じものを出すこともあります。お客さんが前は02を買ったけど、今度は04を買ってみようなど、ひとつのものを違う楽しみ方で取り入れてもらえるのが、ベーシックブランドの醍醐味だと思っています。

小峰:そうですね。ニットはあくまで脇役。作品じゃなく、デイリーに使う製品。きちんとしたニットを丁寧にまじめにつくるのが大事。

久崎:先輩にいい話全部言われてしまいました(笑)。シンプルな服ってやっぱり素材が命。原料の仕入れや糸の加工、最終の仕上げなど、それぞれをどこでおこなって…というのが服の質を大きく左右します。わかりやすいトレンドやキャッチーなデザインに頼るのではなく、素材感、質感がちゃんとした服を着た、年相応の装いの女性が増えてくれたらなと妄想してます(笑)。

服を着たときのきれいさや着心地まで考えて細部に工夫

小峰:服づくりは、実際に着たときのことを考えるのが重要ですね。ニットでいうと、女性ってたいていそでをたくし上げるじゃないですか。けれど、それを戻したら、そで口のリブがダラッと伸びてしまうことがありますよね。そうならないように、そで口のリブのテンションや素材を調整しています。やはり自分自身が男性なので、女性が素敵に見えるようなアイデアは詰め込みたい。

久崎:私はサンプルができたら必ず自分自身で着て、洗濯して、また着て…。しばらくのあいだ着込んで、納得したものだけを商品化していますだから、2〜3年経ってもまだ様子を見ていて、商品になっていないものもあるくらい。でも、妥協せずにものづくりにこだわりたいです。

小峰:ないものをつくりたいというわがままで始めたことですからね!

Oggi11月号「日本発のブランドってやっぱりスゴい!」より
撮影/来家祐介(aosora/モデル・人物)、小林美菜子(静物) スタイリスト/川上さやか ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮田聡子、大石参月 構成/高橋香奈子
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.14

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature