Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. 裏ホロスコープ占い
  4. 魚座
  5. 【魚座】裏ホロスコープWEEKLY占い 7月16日~22日の運勢

FORTUNE

2018.07.16

【魚座】裏ホロスコープWEEKLY占い 7月16日~22日の運勢

「裏ホロスコープ占い」を知っていますか? あなたが生まれたときに、太陽がどの星座エリアに位置していたかを占うのが、一般的に浸透している12星座。一方、生まれたときの「太陽と月の軌道の交点」がどの星座エリアにあるかを見るのが「裏ホロスコープ占い」です。この占いでは、あなたの使命やこの先の運命をより深く知ることができるのです。魚座の今週の運勢は?

流光七奈

総合運 ★★☆☆☆

積極的に行動するよりも、タイミングをはかっていく期間になります。取り組んでいることに行き詰まっている場合は、一旦離れてみるのも良い影響がありそうです。仕切り直すことでスムーズに進められるようになります。「せっかくここまでしてきたのに」という気持ちが進行を遅らせている可能性がありますので、思いきって手放すことも大切です。気持ちを切り替えるために、旅行や食事に出かけるのもオススメです。普段と違う景色や経験は、盲点となっていたものに気付かせてくれることでしょう。

仕事運 ★★★★★

今週の魚座さんは、恋愛はちょっとお休みして、仕事中心に過ごしましょう。この時期に頑張らなかったらいつ頑張るの?というくらいの素晴らしい仕事運です。全般的にあまり積極的な行動をおすすめできない今週も、仕事だけは別です。チームワークも良く、仕事に乗っている実感が感じられますので、楽しく成果を上げることができるでしょう。上司や先輩の言うことには素直に耳を傾けると、強力な助っ人になってくれます。また、女性同士の噂話は、思わぬ足を引っ張られることがありますので、なるべく入らないようにしましょう。

恋愛運 ★★★☆☆

今週は「美しいものに触れる」ことで恋愛運が大きくアップします。美しい景色や、絵画、草花や宝飾品など、普段から美しいものに触れることで、男性を見る目も養われます。恋愛映画を見ることもオススメです。婚活中の人は、一人に決めるよりも、まずはいろいろな人と会ってみましょう。同時期に何人もの人とデートをすることには気がひけるかもしれませんが、うまくいかなかったときに傷つきやすく、次に頑張るモチベーションが下がりやすい魚座さんは、「この人しかいないかも」と思うと緊張してしまいがち。他にも良い人がいる、という保険があったほうが自分らしく素直に振る舞うことができますよ。

ラッキーアイテム・スポット

マグカップ、スキンケア用品、海や湖

魚座の基本性質

ピュアで可憐な雰囲気の魚座さん。誰にでも優しく思いやりに溢れていて、大切な人には一途に尽くします。

美しいものにご縁が強い魚座さんは、仕事でも感性が活かされるような働き方が向いています。お金よりも精神的な充実感を大切にするので、仕事ももちろんですが、プライベートでは社会貢献活動などにも積極的に取り組みます。ただ、その場の雰囲気に流されやすいところがあるので、気がついたら自分の思っている方向性とは違うことになってしまうことも。

そんな魚座さんの恋愛はとてもロマンチックで愛情に満ちています。恋愛では、同情心から恋愛感情を持ってしまうこともありますが、男性から見た魚座さんは放っておけないような儚さを持っているので、自分からアプローチするよりも、告白されてお付き合いすることが多いかもしれません。

魚座さんを輝かせてくれる装いは、レース素材や袖コンシャスなブラウスなどフェミニンでドラマティックなスタイル。派手なビジューやストーン系の大ぶりピアスも、魚座さんなら自分の魅力アップにうまく活かすことができます。

また、口元がチャームポイントなので、ふっくら艶やかな唇になるようなメイクがおすすめです。

裏ホロスコープ占い換算表

イラスト/窪田エリー

流光七奈

長年連れ添った夫を亡くした3年前より、本格的に占い師としての活動を始める。通常の星座占いより、より精度が高い運命を占うことができるオリジナルの占星術「裏ホロスコープ」で、悩める女性の恋と仕事、人生を占う。前向きなアドバイスと占いの命中率が評判を呼び、「女性セブン」(小学館)をはじめ、多数メディアで活躍。著書に「ダンナさまは幽霊」、「ダンナさまは幽霊 霊界だより」(イースト・プレス)。原宿竹下通りにある「占いリリコイ」を主宰。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.06.27

編集部のおすすめ Recommended

Feature