Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. インフォメーション
  3. 最新号紹介
  4. 女優・モデルの【飯豊まりえ】がOggiレギュラーモデルになります!

INFO

2018.06.28

女優・モデルの【飯豊まりえ】がOggiレギュラーモデルになります!

モデル・女優として活躍中の【飯豊まりえ】さんがOggiのレギュラーモデルに! 彼女の「今」をインタビューしました。

ドラマ『花のち晴れ』の活躍が記憶に新しい、女優でモデルの【飯豊まりえ】さんがOggi8月号より正式にレギュラーモデル入りを果たす。Oggiモデルズの中では最年少となる飯豊さんだが、モデルとしてのキャリアは10年以上! Oggiの誌面をますます華やかにパワフルに彩る強力なメンバーとして、編集部内外からの期待が高まっている。

special interview
「いらっしゃいませ、飯豊まりえさん!」

飯豊まりえ

インタビュー当日。毎週大阪で生放送をしているレギュラー番組の撮影を終え、小学館のスタジオに駆けつけてくれた。

Q. 祝! Oggiのレギュラーモデル入り。今の気持ちは?

実は『Oggi』は、中高生のころから愛読していた憧れの雑誌。もともとシンプルでベーシックなファッションが好きで興味を持ち、次第にそんなファッションを自然体で着こなすモデルさんたちのファンにもなりました。インタビューページなどに登場する働く一般の女性たちを含め、私の目ざす「大人像」が詰まっていたんです。だから、いつか一緒にお仕事をさせていただいて、いろいろなことを学びたい! と、思っていた矢先、こんなに早く実現できて本当にうれしかった。

Q. Oggiの撮影現場はどうだった?

「ラフに」、「自然に」など、肩の力を抜いた雰囲気を求められることが多かったのが印象的でした。今まで経験したティーン誌のファッションページでは、1回シャッターをきる度にポージングを変える、というのがセオリーだったので、自然な動きや仕草の中でお洋服を見せる、というのが新鮮で。最初は少し戸惑いましたが、楽しんで模索できたと思います。自分自身でも今まで知らなかった見せ方や見え方が発見できて、“引き出し”が増えたな、とも感じています。

Q. ほかのモデルたちと交流できた?

表紙モデルの矢野未希子さんと撮影現場でご一緒させていただきました。宮田聡子さんとも入れ違いですがご挨拶させていただいたのと、Oggiの現場ではないのですが、泉里香さんともテレビ番組の収録で共演させていただいたことがあります。お会いできたのはまだ3人だけなのですが、Oggiのモデルさんたちは笑顔が本当にステキ! と、いうのが共通する印象です。自然でハッピー感のある笑顔は、歩くパワースポットだー!、なんて勝手に思ってしまいました。

矢野さんとの現場では、休憩中に一緒にお昼ゴハンをいただきました。以前から、インスタグラムでプライベートのゴハンや旅行、ファッションを拝見していて…、こんなライフスタイルになりたい! と、憧れていた人だったので、直接お話できて感動しました。初対面にも関わらず気さくに話しかけていただいて楽しかったです。

飯豊まりえ

Q. 女優とモデル、それぞれの楽しいところは?

表現するということは共通のお仕事ですが、求められることがぜんぜん違うのでそれぞれ楽しんでいます。お芝居では全く自分自身と違う人物を演じ、ハッピーな気分でも怒ったり、泣いたり、体力的に厳しいときも笑ったり。非日常では絶対に起こりえないことを経験させていただいていているという実感があり、本当にありがたく思っています。

一方、モデルのお仕事は私のホームであり、「自分」でいられる場所。その日そのときに与えられたコーディネートを自分なりの解釈で着て魅せる。お芝居では、自分でない役柄への解釈や理解を深めていく過程がありますが、ファッションの撮影では、その日のお天気やロケ地、企画趣旨などから着こなし方を判断する、というように瞬発力が必要だと感じていて。ときにお芝居のお仕事で煮詰まった頭を切り替えることができるし、活き活きとした自分であるために、モデルの現場は私にとって欠かせないもの。ずっと続けていきたいお仕事です。

飯豊まりえ

Q.『Oggi』のイメージを教えて

「かっこよさの中に抜け感がある」。ファッション、人物像、すべてに共通してそんなイメージがあります。シンプルで大人っぽい服をサラッと着る塩梅が絶妙で、気張りすぎない感じが個人的にタイプ!

Q.『Oggi』でどんなモデルとして活躍していきたい?

編集長と初めてお話したとき「ネオモデルとして活躍して欲しい」と、お声がけをいただいたことがうれしくて。年齢的にも「大人っぽくみせなきゃダメかな」とか、いろいろ最初は考えていたから、そのまま自分が持っているものでOggiのカラーの中に入っていくのも面白いのかも! と、思うことができました。

1ページ1カットという贅沢なページ構成や、今までの撮影では着ることの少なかったシンプルで大人っぽいコーディネート。毎回ワクワクしているので、その気持ちを大切にOggiの誌面にフレッシュな風を運べたらと思っています。

Q. さらにもっと先の将来、目ざしていることは?

まず女優としては、なにか作品で賞を獲ることが目の前の目標です。モデルとしては、近い未来でなくても将来的にもの作りに携わってみたいです。今までもキャラクターでコラボしたり、プロデュースさせていただいたり、ということはあったのですが、もっと私からライフスタイルやファッションのスタイルを発信して提案できれば、と思っています。

Q. 最後に…、今日の私服、なにを着ているの?

飯豊まりえ

シャツは“ハイク”、パンツは“シー バイ クロエ”、手に持ったブルゾンは“メゾン マルジェラ”、シューズは“ドクターマーチン”です。

友人からはよく「ヨーロッパにいる女性の服っぽいね」、と、言われるのですが…、パリなのかミラノなのかロンドンなのか、詳細は不明、ざっくりしていますよね(笑)。今日はいているパンツは数年前にアウトレットで購入したのですが、90年代ぽい柄にハイウエストのシルエットが気に入って長く愛用しています。ヴィンテージっぽい雰囲気も好きなので、古着も購入します。よくのぞくショップは「スーパーAマーケット」、「エイチ ビューティ&ユース」、「メゾンマルジェラ」、あと、御殿場のアウトレット。好きなブランドは“ハイク”や“アクネ”です。

飯豊まりえ

手元に光るシックな色石の指輪は“マリハ”のもの。

ときに天真爛漫に、ときに色っぽく、ときにかっこいい表情&ポージング。気張らずセンスのいい服を着こなすバランス感覚。約10年のキャリアで培われた表現力&感性を、これからもOggiで存分に発揮して欲しい。

Oggi期待の星を、みなさんもどうか応援して下さいね!

Oggi最新号はこちらから試し読みができます

撮影/黒石あみ

モデル・女優 飯豊まりえ

いいとよ まりえ●1998年1月5日、千葉県生まれ。2008年ファッション雑誌「ニコプチ」(新潮社)にてモデルデビュー。「ニコラ」(新潮社)、「Seventeen」(集英社)と専属モデルをつとめ、Oggiのレギュラーモデルへ。TBSドラマ『花のち晴れ~花男next season~』への出演ほか、待機作も目白押し。大手メーカーのCM、広告にも多数出演、Instagram @marie_iitoyo のフォロワー数約60万人(2018年6月28日現在)と、今最も注目されているファッションモデルのひとり。


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.09.23

編集部のおすすめ Recommended

Feature