Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. これからの10年のキレイのために、 働くアラサーが寝る前にこだわりたい3つのこと!

2018.03.23

これからの10年のキレイのために、 働くアラサーが寝る前にこだわりたい3つのこと! 【PR】

良質な眠りがキレイを育むのは周知の事実。「年齢を重ねてもいつでも輝いていたい!」人必見の、寝る前にこだわるべきことを伝授します!

門司紀子

〝睡眠〟こそが未来のキレイを左右する!

睡眠

「睡眠がキレイのもとになる」ことは薄々わかっているものの、忙しい日々の中では睡眠リズムがくずれがちだったり、思うように睡眠時間がとれなかったり…。睡眠が十分にとれていないと代謝が悪くなり老廃物がたまりがちに。肌の調子も悪くなってしまいます。頭がボーッとして仕事のパフォーマンスも下がってしまったり、まったくいいことはありません。

仕事にもプライベートにも忙しいOggi世代は、限られた時間の中で、いかに正しく寝て睡眠の質を上げるかが、日々の充実度だけでなく、5年後10年後のキレイをも握るカギに! 自らが睡眠を改善したことで15kg以上のダイエット、さらに体質改善に成功したという睡眠コンサルタントの友野なおさんに、「寝る前にこだわりたいこと」についてうかがってみました。

 

寝る前にこだわりたいこと【その1】

リラックスする時間にこだわる

バスタイム

「ぐっすり眠るためには体と心をリラックスさせることが必要。少ない睡眠時間で熟睡したい人はもちろん、よく寝たはずなのにスッキリ起きられないという人も、以下のことにこだわってみて」(友野さん)

●入浴は、ぬるめ、20分程度、全身浴

「入浴は快眠と切り離せない大切な習慣。交感神経の興奮をしずめて副交感神経を優位にしリラックスさせるためには、38~40℃のぬるめのお湯で、20分程度、全身浴するのがおすすめ。入浴は就寝の60~90分前がベストです」(友野さん)

●軽くでいいので運動を習慣化させる

「日常的に運動している人は、運動習慣がない人に比べて深い眠りに入りやすいといわれています。運動をすることで体温が上昇し、その後、休息モードに切り替わる段階で体温が下降し眠気が訪れるというわけ。帰宅する際にひと駅分歩く、エスカレーターではなく階段を使う、などの習慣でもOK。帰宅後に自宅での軽いストレッチやヨガなどももちろん有効です」(友野さん)

●就寝前30分はパソコンやスマホを避ける

「テレビやパソコン、スマートフォンなどから発せられるブルーライトは脳内の生体時計に働きかけ、睡眠に大きな影響を与えるので就寝前には見るのを控えて」(友野さん)

 

寝る前にこだわりたいこと【その2】

パジャマや寝具にこだわる

寝具

「眠るときに肌に触れる掛け布団、敷き寝具、枕カバーやパジャマなどの肌触りを追求することは、睡眠の質に大きく関わってきます。とくに全身に直接触れるパジャマは季節や気分に応じて最適な素材を選ぶことで、睡眠の質が変わってきます。シルクは保温性・吸保湿性、発散性が抜群。さらに熱伝導率が低いため冬は寒い外気を遮断して温かく、夏はベタつかずサラッと快適。年中心地よく使えます。使い心地と耐久性で考えると綿もおすすめ」(友野さん)

また、寝ている間はコップ1杯分の汗をかいているといわれており、皮脂やよだれ、髪についたホコリ・汚れ、シャンプーなどの洗い残しなどが枕カバーや掛布団カバーについていると、肌あれなどのトラブルにつながることも…。寝具やパジャマをこまめに洗って、清潔に保つことも大切です。

 

寝る前にこだわりたいこと【その3】

夜のスキンケアにこだわる

スキンケア

良質な睡眠は美人をつくるといわれている所以は…

「睡眠に関連するふたつのホルモンにその答えがあります。ひとつは〝天然の美容液ホルモン〟ともいわれている成長ホルモン。成長ホルモンは寝入って最初の深い眠りの際に多量に分泌され、身体の成長だけでなく、細胞の修復、疲労回復、たんぱく質合成、新陳代謝の促進に重要な役割を担う、健康と美容に欠かせないホルモンです。そしてもうひとつが、朝目覚めてから14~16時間後に分泌されて眠りを促し、強力な抗酸化力があるともいわれているメラトニン。成長ホルモンはメラトニンによっても分泌が促されるといわれているため、メラトニンの分泌が多くなっている時間帯にノンレム睡眠(=深い睡眠)をとるのが最も理想的。メラトニンは時間に影響を受けて分泌されるホルモンなので、夜更かしや徹夜は、肌や体、心の健康にとっても禁物なんです!」(友野さん)

 

ということは…成長ホルモンが分泌され、肌の生まれ変わりのリズムが整うという睡眠時間こそが、美肌が作られる時間と言っても過言ではないほど! 寝る前のスキンケアにちょっぴり工夫を加えると、さらなる美肌への近道に!

エスティ ローダー アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス Ⅱ

例えばこの、ベストセラーの美容液。寝ている間にピークに達する肌本来の代謝分解プロセスに着目。日中に受けるダメージを防ぎながら肌細胞の修復力を積極的にサポート。翌朝にはイキイキと、明るく澄み切った肌印象に。使うたびに肌が生まれ変わったかのような、しっとりなめらかで心地いい肌感になれるのもうれしいところ!

エスティ ローダー アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス Ⅱ
30mL¥9,500 / 50mL ¥13,500

良質な睡眠を誘うひと手間、そして、睡眠中の肌がキレイになろうとする力を引き出すお手入れ、今日から始めて明日からの、これからの、キレイをアップデートしよう!

エスティ ローダーのベストセラー美容液はこちら

また、ぐっすり寝てすっきり起きて、美容&健康だけでなく仕事の効率も上げる睡眠法について詳しく知りたい人は、『昼間のパフォーマンスを最大にする正しい眠り方』(WAVE出版/友野なお著)をチェックしてみて!

協力/エスティ ローダー

撮影/恩田はるみ(静物) 取材協力/友野なお(睡眠コンサルタント) 構成/門司紀子



門司紀子

大学在学中に女性ファッション誌の編集アシスタントを経て独立。フリーランスエディター&ライターとして、『Oggi』や『美的』などで企画・撮影ディレクション・執筆までを担当。担当する記事はビューティ関連をメインに、食、料理、旅、ファッション、ゴルフまで多岐にわたる。また、ヘルシーなケータリングサービス“mon deli”も手掛ける。キレイを意識したメニューは撮影現場でモデルやエディターからも好評。強靭な胃腸をもつ食いしん坊がゆえ、趣味は弾丸食い倒れ旅。
Instagramアカウントは@norikomonji