Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ベーシック〝+α〟がおしゃれに効く|30歳からのアプワイザー・リッシェ【短期連載 vol.3】

2022.04.27

ベーシック〝+α〟がおしゃれに効く|30歳からのアプワイザー・リッシェ【短期連載 vol.3】

PR/アプワイザー・リッシェ

PR

今シーズンも、私たちの心をときめかせるこだわりのフェミニン名品がそろいます!【Apuweiser-riche 2022 June】

|This Month’s Item|
ハンサムに華やぐ、〝新定番〟アウター
サマーツイードジレ

装いに華やかさを足したいときは、万能デザインのジレを重ねて

季節が進むにつれ、シンプルなワンツーコーデが増えていく… そんなこれからのおしゃれを盛り上げてくれるのがジレ。難しく感じるアイテムだけど、着こなしのテイストを問わないミニマムさと華やぎを兼備したこの一着なら問題なし!

上品なノーラペルのシンプルデザインをベースに、ダブルジャケットを思わせる金ボタンで華やかさをプラス。華やぎを後押しするサマーツイードは、リネン感覚で着られる涼やかな素材感が魅力。季節をまたいで長く活躍します。なにげなくバサッとはおるだけで、装いの洒落感が急上昇! 一度取り入れると、毎日のファッションに欠かせなくなる―― そんなジレレイヤード、この初夏からスタートしてみませんか?

Color variation

シックな黒と、優しいムードのライトグレーの2色展開。白・黒・グレーの糸で織られた奥行きのあるカラーリングがツイード素材の魅力を高めて。

ジレ各¥20,900(アプワイザー・リッシェ)

×ワンピースのセットアップで楽しむ!

Gilet × One-piece

ジレと同色・同素材のワンピースもつくられているから、セットアップとしての着こなしも可能。特別感のある〝よそいき〟なコーディネートにもぴったり。

サマーツイードのセットアップで、ドラマティックなおしゃれを堪能して

フォーマル感が強くなりがちなツイード素材のワンピースセットアップだけど、ジレを使ったスタイリングならこんなにも軽やかで今っぽい。適度なラフさを醸し出す切りっぱなしのフリンジディテールも、脱コンサバにひと役買って。凜とクリーンな美しさが際立つ、〝夏の黒〟。今年は旬アイテムによるレイヤードで、とことんファッショナブルに着こなしたい。

ジレ¥20,900・ワンピース¥20,900・バッグ¥13,200・その他/参考商品(アプワイザー・リッシェ)

ジレ単品の着回しで楽しむ!

Gilet × Flare skirt

着こなしのアクセントとなる確かな存在感がありつつ、デザインはとてもシンプル。カジュアルからきれいめまでどんな装いにもハマる着回し力の高さにも注目です。

ジャケット代わりにジレを投入! ミドル丈ジレはスカートとも好相性

シンプルなタンクトップに、ふわりと揺れる花柄のフレアスカート。フェミニンな初夏のベーシックスタイルの仕上げ役としても、このジレは大活躍! 黒のサマーツイードが甘さを程よく抑え、大人っぽく引き締める。Iラインが際立つから、スタイルアップ効果も抜群。気になる腰まわりをカバーしつつ、全身をすっきり見せて。

ジレ¥20,900・タンクトップ¥6,930・スカート¥19,800・バッグ¥15,400・その他/参考商品(アプワイザー・リッシェ)

掲載商品は、リアルショップと公式オンラインショップ「Arpege story」の両方で購入できます!

公式オンラインショップ
「Arpege story」もCHECK!
公式Instagram

協力/アプワイザー・リッシェ

問い合わせ先/アプワイザー・リッシェ プレスルーム
TEL:03-3408-8443

撮影/魚地武大(TENT/静物)、遠藤優貴(人物) スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メイク/岡田知子(TRON) モデル/泉 里香(本誌専属) 本誌デザイン/hoop. 本誌構成/旧井菜月

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。