Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 忙しい私たちの肌に新たな選択〝美容液ローション〟に変えてみよう!

2021.12.24

忙しい私たちの肌に新たな選択〝美容液ローション〟に変えてみよう!

PR/Dior

PR

手軽で身近、だからこそ見直したいのが「化粧水」。30歳からは、ワンランク上の美肌を目指す一品を! 忙しい毎日でも美肌をキープしたいなら、新たなアイテムを投入するより、基本のアイテムを見直してみることが大切。特に保湿のファーストステップであり、進化が目覚ましい化粧水は、定期的なアップデートが必須です!

Oggi Reader’s Skin Care
Oggi読者のスキンケア事情って…?

Q. スキンケアで重視&投資しているのは?

Q. ローションを更新する頻度は?

化粧水を見直せば、もっと美肌に!

調査結果から見えてくるのは、化粧水に対する認識が止まっていること。化粧水は、昨今目覚ましい進化を遂げており、美容液と並んでOggi世代が投資すべきアイテム。〝手ごろなもので済ませている〟、〝なんとなく同じものを使い続けている〟人こそ、化粧水を見直せば、美肌の可能性がさらに広がります。

トップス、リング、ピアス/すべてスタイリスト私物

\ Oggi世代の新たな選択 /
美を再起動する〝美容液ローション〟があの「カプチュール トータル」から登場!

Oggi世代がスキンケアで重視すべきは、実は化粧水選び。贅沢な成分も肌への手応えも、まさに美容液並みという「カプチュール トータル」の新ローションがあれば、忙しい日々でも、高いレベルの美肌をキープできます。

Point ❶
〝発酵〟プロセスを加えることで高まるロンゴザの力

キー成分であるロンゴザを新たに〝発酵〟させることで、肌なじみが向上。ロンゴザの潜在能力を高めることに成功しました。

Point ❷
美肌を司る5つの要素にアプローチし生まれ変わったような肌に

発酵された〝マルチ ファーメンティッド ロンゴザ*1〟は、美肌を司る5つの要素にアプローチ。生まれ変わったような明るくふっくらとした肌に導きます。

Point ❸
美容液並みの高い満足度を得られる極上の使用感

贅沢な成分と確かな肌効果に加え、上品な香りやとろみを感じるテクスチャーまで、そのすべてが化粧水を超えた美容液レベル。極上の使用感は、毎日のお手入れを楽しみに変えてくれます。

Point ❹
95%が自然由来成分*2の優しい処方

新しいローションは発酵させたロンゴザエキスを含む、95%を自然由来成分*2で構成。効果はもちろんのこと、優しさにも配慮しています。

*1:アフラモムムアングスチホリウム種子エキス、乳酸桿菌培養溶解質、酵母発酵エキス(整肌成分)
*2:自然由来指数95%(水76%を含む)ISO16128準拠

パルファン・クリスチャン・ディオール
カプチュール トータル インテンシブ エッセンス ローション

150ml ¥8,360(2022年1月1日発売)

「カプチュール トータル」の可能性を感じさせる次世代セラムローション。従来のロンゴザエキスに画期的な発酵プロセスを加えることで、新たな成分〝マルチ ファーメンティッド ロンゴザ*1〟の開発に成功。有用成分を高配合することで、なめらかでふっくらした肌へと導きます。

ローションとあわせて使いたい
クリームセラムを改めてチェック!

忙しさを感じさせない、健やかな美肌のためにオススメなのはライン使い。ローション、セラム、クリームの3ステップを丁寧に重ねることが、シンプルに見えて、実は美肌へのいちばんの近道です。

\NEW!/
Lotion(右)
発酵パワーで美肌力が加速する次世代のセラムローション

発酵された〝マルチ ファーメンティッド ロンゴザ*1〟を配合したセラムローション。
パルファン・クリスチャン・ディオール カプチュール トータル インテンシブ エッセンス ローション 150ml ¥8,360(2022年1月1日発売)

Serum(中)
ハリに満ちたなめらか肌へと導くスター セラム

先進のディオールサイエンスを集結させた「カプチュール トータル」シリーズのスター美容液。
同 セル ENGY スーパー セラム 30ml ¥14,300

Cream(左)
濃密な潤いで満たしバリア機能をサポートするなめらかクリーム

細胞の水分不足にアプローチする濃厚なクリーム。
同 セル ENGY リッチ クリーム 50ml ¥14,300

\ 開発者の方に聞いてみました! /
新「カプチュール トータル インテンシブ エッセンス ローション」の魅力とは?

35年の歴史を誇り、スキンケア界のトップランナーでもある「カプチュール トータル」。〝発酵〟という新たなキーワードがすでに話題のセラムローション。その魅力をさらに詳しく探ります。

お話を伺ったのでは…
パルファン・クリスチャン・ディオール サイエンティフィック コミュニケーション ディレクター
ヴィルジニー・クトゥローさん

仏パリ第11大学にて皮膚生物学及び化粧品科学を学び、薬学博士号を取得。化粧品業界において28年のキャリアを誇る。2021年から現職に就任し、新セラムローションの開発にも深く携わっている。

“発酵”によって広がるスキンケアの可能性――。

細胞の研究を30年。特に幹細胞の研究を20年にわたり行ってきたディオールが、より高いスキンケア効果を求め、セラムローションに新たに採用したのは“発酵”。「ディオール サイエンス イノベーションセンターは、世界中の専門機関とパートナーシップを組み、日々さまざまな研究を進めています。『カプチュール トータル』のキー成分でもあるロンゴザ。不死身の花と呼ばれる、その類まれな生命力をさらに引き出すことはできないか、と模索する中たどり着いのが、“発酵”という革新的なバイオテクノロジーでした」

ロンゴザエキスを10種の発酵微生物で10日間発酵させると、そのパワーが解き放たれることが判明。「発酵を経た“マルチ ファーメンティッド ロンゴザ*1”は、豊かな効果や作用範囲の拡大だけでなく、肌との親和性の向上など、あらゆる面で驚くべき結果を収めたのです」

そして単なるローションを超えた“セラムローション”たるゆえんは、こだわり抜かれた独自の処方にも。「ローションの95%を自然由来成分*2で構成。さらに“マルチ ファーメンティッド ロンゴザ*1”を配合することに成功。有用成分が美肌を司る5つの要素にアプローチすることで、明るくふっくらとした肌へと導きます」

Oggi読者と同じ働く女性の視点で、香りやテクスチャーにも注目してほしいと語るヴィルジニーさん。

「私たちの毎日はストレスフルですが、ローションをなじませると、つかの間ですがそのストレスから開放されて、肌も心も癒やされるはず。この新しいローションがあなたの肌に美しさを、ひいては幸せをもたらすことを願っています」

CAPTURE TOTALE
HISTORY

1986年
カプチュールが誕生。

2006年
「アルファロンゴザコンプレックス」を開発。

2008年
幹細胞にアプローチする「カプチュール トータル XP」へと進化。

2011年
表皮幹細胞の役割に着目。

2013年
新たに皮下組織の幹細胞に着目。

2015年
肌幹細胞の研究をさらに深める。「カプチュール トータル セラム」発売。

2016年
肌密度と幹細胞の関係性を解明。

2020年
幹細胞の潜在的なエネルギーに着目。「カプチュール トータル セル ENGY」へと進化。

*1:アフラモムムアングスチホリウム種子エキス、乳酸桿菌培養溶解質、酵母発酵エキス(整肌成分)
*2:自然由来指数95%(水76%を含む)ISO16128準拠

公式サイトはこちら‎

協力/Dior

撮影/榊原裕一(人物)、小川久志(静物) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/角田かおる モデル/朝比奈 彩(本誌専属) 本誌デザイン/hoop. 本誌構成/杉浦由佳子

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.21

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。