Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. 裏ホロスコープ占い
  4. 乙女座
  5. 連載 当たる裏ホロスコープ占い【乙女座】ビジネス拡大の星が巡る4月前半、ペースを大事にすると運気アップ

FORTUNE

2022.04.01

連載 当たる裏ホロスコープ占い【乙女座】ビジネス拡大の星が巡る4月前半、ペースを大事にすると運気アップ

2022年4月前半のおとめ座の運勢は?さまざまなメディアで活躍中の人気占い師・流光七奈先生による「裏ホロスコープ占い」を知っていますか? あなたが生まれたときに、太陽がどの星座エリアに位置していたかを占うのが、一般的に浸透している12星座。一方、生まれたときの「太陽と月の軌道の交点」がどの星座エリアにあるかを見るのが「裏ホロスコープ占い」です。この占いでは、あなたの使命やこの先の運命をより深く知ることができるのです。

流光七奈

4月前半の乙女座さんは、「自分に心地よい進め方」をすることが運気アップのポイント。

新生活が始まる周囲とは反対に、なんとなくモヤモヤしてしまう理由は未来などの不確実なことに不安を感じる星回りだからかもしれません。

今はそんな運気に逆らわずに、今は乙女座さんが心地よいと感じるペースで、普段の心地よさを外れすぎない範囲で一歩踏み出してみるといいですね。

心に無理やりエンジンをかけようとしなくとも、気持ちは後から自然と上がってくるので大丈夫ですよ。

ビジネス拡大の星が巡ってきています。副業をしている人は、本格化する予感。

プレゼン・営業・資金が上々の星回りのため、クラウドファンディングを考えている人は今がいいタイミングです。それ以外の資金源も想像していたよりはるかにあっさりと確保できてしまうかもしれません。

アイデアをどんどん形にしていきましょう!つまずいたり、トラブルに遭遇しても、すぐに回復。あなたの状況を客観的に見てくれる女性が大きな助けとなってくれるようです。

出会いを求めている人は、今は無理に特別な人を見つけようとしないほうがよいとき。友達と楽しく過ごしたり、体を動かしたりしておひとりさまを楽しみましょう!

片思い中の人は、今月中におつきあいとなる可能性もあるくらい、恋愛運がどんどん高まっています。今は準備期間と捉えて身も心も備えておくとよいかも!

おつきあい中の人は、一緒に居られる時間には、仕事の連絡はオフにして相手に集中を。ちょっと奮発したラグジュアリーなデートが心の距離を縮めてくれます。

ラッキーアイテム・スポット

ラッキーアイテム:ハーバル系の香りのコンディショナー・オレンジ系のレザー

ラッキースポット:コミュニティサロン

謙虚で真面目な努力家の乙女座さんは、年上上司から見た部下にしたいランキングナンバーワンの星座です。

自分の仕事には妥協せず、その完璧を目指す姿勢には、誰もが尊敬の気持ちを持つことでしょう。ですが、そのストイックさが自分を追い詰めてしまうことも。

恋愛は、お友達感覚のさっぱりした関係を好みます。また、相手選びはとても慎重で、結婚を視野に入れたおつきあいとなることも多いようです。誰にでもオープンにおつきあいできることが大切なので、あまり不倫関係などにはなりにくいです。美しいものに感動するようなロマンチックな一面もお持ちなので、デートや記念日はおつきあいにおける重要ポイント。

乙女座さんを輝かせる装いは、スーツやパンツスタイルのシャープな服装よりもフレアスカートやAラインワンピースがオススメです。また、花柄は忙しく働く乙女座さんを優しい雰囲気にしてくれます。

ブラウンリップなど、落ち着いた雰囲気のメイクが魅力を引き出してくれます。

裏ホロスコープ占い換算表

イラスト/窪田エリー

占い師・流光七奈

長年連れ添った夫を亡くした5年前より、本格的に占い師としての活動を始める。通常の星座占いより、より精度が高い運命を占うことができるオリジナルの占星術「裏ホロスコープ」で、悩める女性の恋と仕事、人生を占う。前向きなアドバイスと占いの命中率が評判を呼び、「女性セブン」(小学館)をはじめ、多数メディアで活躍。著書「ダンナさまは幽霊」、「ダンナさまは幽霊 霊界だより」に加え、2020年1月「ダンナさまは幽霊 天国からのメッセージ」を発売(イースト・プレス)。流光七奈公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.26

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature