Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. 裏ホロスコープ占い
  4. 双子座
  5. 連載 当たる裏ホロスコープ占い【双子座】人間関係良好な2022年4月前半、仕事ではチームプレーを意識!

FORTUNE

2022.04.01

連載 当たる裏ホロスコープ占い【双子座】人間関係良好な2022年4月前半、仕事ではチームプレーを意識!

2022年4月前半のふたご座の運勢は?さまざまなメディアで活躍中の人気占い師・流光七奈先生による「裏ホロスコープ占い」。あなたが生まれたときに、太陽がどの星座エリアに位置していたかを占うのが、一般的に浸透している12星座。一方、生まれたときの「太陽と月の軌道の交点」がどの星座エリアにあるかを見るのが「裏ホロスコープ占い」です。この占いでは、あなたの使命やこの先の運命をより深く知ることができます。

流光七奈

4月前半の双子座さんは、引き続き「スタート」のとき。

まだ実感できていないことも多くありますが、仕事でもプライベートでもただ進展するだけではなく、大きく飛躍するチャンスが待っているのを感じるのではないでしょうか。

直感力もいつも以上に高まるため、「これだ」と思った機会を逃さず掴みましょう!この時期は友情もさらに強まるため、新しいことを始めたときの常として起こる想定外のトラブルに見舞われたとしても、友達が大いに助けてくれますよ。

率いるより率いられるほうがうまくいきやすいとき。と同時にキャリアが成長する運気でもあるため、流れに任せて頑張ることがベストです。

チームでの仕事運が急上昇しているため、ソロプレーよりもチームプレーを重視することが成功へのキーとなるでしょう。

「自分がどうにかしなきゃ」と思っていることも、動けないときは動けないなりの理由がちゃんとあります。今は双子座さんらしく軽やかに社交的でいれさえすれば、全てうまく回っていくでしょう。

出会いを求めている人、特にマッチングアプリを利用している人は出会いの数だけでなく質もアップしているのを感じられるでしょう。直感に従って行動すれば、しかるべきいいお相手と結ばれますよ。

片思い中の人は相手はあなたに興味がないのではなく、ただ受け身な人なのかもしれません。あなたから誘ってみると、案外あっさりとデート成立となるかも?

おつきあい中の人は、頑固になっていることがあったら今が折れどき。相手の意見を聞いてみると、意外と納得できてしまえそうです。

ラッキーアイテム・スポット

ラッキーアイテム:バニラアイスクリーム・ローズゴールドのアクセサリー

ラッキースポット:親しい人が連れて行ってくれた場所

クールでサバサバしているイメージの双子座さん。イメージだけではなく、本当に優秀な女性が多いのも双子座さんの特徴です。

職場では、いつも勇敢でブレずに一本筋が通った働きぶりに、きっと双子座さんに憧れている後輩女性も多いはず。気配りもできてコミュニケーション能力も高いので、上司にするなら、まさに双子座さん以上の人材はいないでしょう。

恋愛では、明るく楽しい友達のような関係を好みます。男性顔負けの勇気もあるのに、実は女性らしいかわいらしさも持ち合わせていて、そんなギャップに男性はキュンとしてしまいます。

双子座さんを輝かせてくれる装いは、シャツやセンタープレスパンツなど知的でシャープな雰囲気のファッション。また、双子座さんはトレンドにも敏感ですので、自分に似合う装いにどこかトレンドの要素を入れることで、センスの良さが光ります。

知的な雰囲気が魅力の双子座さんは、立体的な太眉やカーキのアイシャドウでクールビューティに磨きをかけましょう。

裏ホロスコープ占い換算表

イラスト/窪田エリー

占い師・流光七奈

長年連れ添った夫を亡くした5年前より、本格的に占い師としての活動を始める。通常の星座占いより、より精度が高い運命を占うことができるオリジナルの占星術「裏ホロスコープ」で、悩める女性の恋と仕事、人生を占う。前向きなアドバイスと占いの命中率が評判を呼び、「女性セブン」(小学館)をはじめ、多数メディアで活躍。著書「ダンナさまは幽霊」、「ダンナさまは幽霊 霊界だより」に加え、2020年1月「ダンナさまは幽霊 天国からのメッセージ」を発売(イースト・プレス)。流光七奈公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.20

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature