Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. 裏ホロスコープ占い
  4. 蟹座
  5. 連載 当たる裏ホロスコープ占い【蟹座】本領を発揮して運気が上昇する2022年1月後半、18日の満月以降、仕事で成功の予感も!

FORTUNE

2022.01.16

連載 当たる裏ホロスコープ占い【蟹座】本領を発揮して運気が上昇する2022年1月後半、18日の満月以降、仕事で成功の予感も!

2022年1月後半のかに座の運勢は?さまざまなメディアで活躍中の人気占い師・流光七奈先生による「裏ホロスコープ占い」。あなたが生まれたときに、太陽がどの星座エリアに位置していたかを占うのが、一般的に浸透している12星座。一方、生まれたときの「太陽と月の軌道の交点」がどの星座エリアにあるかを見るのが「裏ホロスコープ占い」です。この占いでは、あなたの使命やこの先の運命をより深く知ることができます。

流光七奈

1月後半の蟹座さんは、本領を発揮して運気が急上昇!つまりは、周囲の人たちにフォーカスし、彼らを気にかけてあげることで全てがうまく回るように。

蟹座さんのちょっとした気づかいや優しい言葉が、彼らにとっては(あなたが思う以上に)大きな励みや癒しとなり、善意が巡り巡って返ってきます。

また、この時期は人間関係が修復されていくときでもあります。仲直りしたい人とは今がチャンス!蟹座さんから働きかけてみることでスムーズによい関係に戻れるでしょう。

もっと効率よく働けるよう、システム化が求められるようです。気づいたことからどんどん仕事を整理整頓していきましょう(もちろん、物理的な整理整頓も効率化を助けてくれます)。

これを機に、蟹座さんをサポートしてくれるチームのようなものを自分で作ってしまうのもいいですね。あなたの努力に協力したいと思ってくれる人も現れます。

18日の満月以降に、個人的な成功の予感。会社やチームの成功ではなくても、あなたには心から喜び、賞賛を受ける権利がありますよ!

暗雲が立ち込めやすい時期ですが、それは「そういう時期」であって、あなたや相手のせいではありません。どのような状況であれど、蟹座さんの方が寛大になることで乗り越えることができますよ。

さらに今は、前進よりも過去を振り返ることで大きな実りを得られるとき。

「相手を見つけなきゃ」「関係を進めなきゃ(結婚しなきゃ)」と焦るよりも、「どうして今は出会いがないんだろう」「なぜ思ったように関係が進まないのだろう」など、過去の経験を踏まえて考えてみることでとても有益なヒントが得られますよ。

ラッキーアイテム・スポット

ラッキーアイテム:保湿ティッシュ・優しい言葉

ラッキースポット:仲直りしたい人と以前よく行った場所

ロマンチストで、愛情豊かな蟹座さん。学生時代にきっと一度は、「クラスで一番最初に結婚するんじゃない?」と言われたことがあるような、とても家庭的で安心できる雰囲気をお持ちです。実際に、大切なものを守らせたら蟹座さんの右に出る人はいませんので、いざという時は果敢に大切な人たちを守ります。

また、いつでも繊細な気配りができるので、周りからはとても信頼されているでしょう。

恋愛では、自分が何かをしてもらうよりも、相手の喜ぶ顔を見ることが幸せと感じるような、尽くすタイプでもあります。忙しく色々な場所に出かけるよりも、ふたりでゆっくりくつろげるデートを好みます。

蟹座さんを輝かせる装いは、ニュアンスカラーのセットアップなど落ち着いた雰囲気で清潔感のあるファッション。

また、素肌感を活かしたベースメイクがおすすめです。

裏ホロスコープ占い換算表

イラスト/窪田エリー

占い師・流光七奈

長年連れ添った夫を亡くした5年前より、本格的に占い師としての活動を始める。通常の星座占いより、より精度が高い運命を占うことができるオリジナルの占星術「裏ホロスコープ」で、悩める女性の恋と仕事、人生を占う。前向きなアドバイスと占いの命中率が評判を呼び、「女性セブン」(小学館)をはじめ、多数メディアで活躍。著書「ダンナさまは幽霊」、「ダンナさまは幽霊 霊界だより」に加え、2020年1月「ダンナさまは幽霊 天国からのメッセージ」を発売(イースト・プレス)。流光七奈公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.23

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature