Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. 裏ホロスコープ占い
  4. 牡羊座
  5. 連載 当たる裏ホロスコープ占い【牡羊座】仕事運が絶好調の2022年1月後半、収入アップのキーは昔からの人脈に!

FORTUNE

2022.01.16

連載 当たる裏ホロスコープ占い【牡羊座】仕事運が絶好調の2022年1月後半、収入アップのキーは昔からの人脈に!

2022年1月後半のおひつじ座の運勢は?さまざまなメディアで活躍中の人気占い師・流光七奈先生による「裏ホロスコープ占い」。あなたが生まれたときに、太陽がどの星座エリアに位置していたかを占うのが、一般的に浸透している12星座。一方、生まれたときの「太陽と月の軌道の交点」がどの星座エリアにあるかを見るのが「裏ホロスコープ占い」です。この占いでは、あなたの使命やこの先の運命をより深く知ることができます。

流光七奈

1月後半の牡羊座さんは、ゆっくりとした時間を過ごすのが吉。

この時期は、全体的に前に進むよりも過去と向き合う方が実り多い星回り。気持ちが焦ってしまう場合は「焦りが理由での行動はよい結果を呼ばない」と意識して。

反対に今はのんびりゆっくり過ごすことで「急がば回れ」的に「ゆっくりしててよかったな」と思える結果となりますよ。特に過去が原因で思い悩んでいる人は、心から前進できるきっかけを得られるでしょう。

仕事に強い多くの星々が牡羊座さんのキャリアとリーダーシップを司る場所に来ることで、まさに宇宙のパワー!といった強力なサポートを得られるでしょう。

冬休み明けからの仕事に慣れてきたと思った瞬間に、昇進や新たなプロジェクトのリーダーに選ばれるなどうれしいサプライズの可能性も。

新しいことに戸惑った場合は、昔の同僚が大きな助けとなってくれるでしょう。収入アップのキーも、昔お世話になったクライアントや人脈が握っているようですよ。

有名な言葉ですが、「恋は焦らず」がまさにこの時期のキーワード。

焦った恋やおつきあい、結婚がよい結果となることは稀。焦りは「あの子に比べて私は…」など、頭であれこれ考えてしまっていることで感じるもの。そうなると、本来“心”ですべき恋愛も“頭”でしてしまい、うまくいかなくなるのですね。

出会いがないことや関係がうまくいっていないことを嘆くのではなく、そんなときこそ過去を振り返って改善点を探り、よい恋愛となるように行動を繋げていきましょう。

ラッキーアイテム・スポット

ラッキーアイテム:座り心地のいい椅子・温かい飲み物

ラッキースポット:家族でゆっくり過ごせる場所

明るく朗らかなイメージの牡羊座さん。さっぱりした気質の女性が多く、性格的にも裏表がないので、男女ともに良いお友達になれます。一途で情に厚い部分があって、困っている人がいるとほっとけないような優しい一面も。

仕事では、一度決めたことは最後までやり通す責任感の強さが際立ちます。

恋愛は、待っているよりも自分から相手に積極的にアプローチするタイプ。さっぱりしているイメージとは違って、恋愛ではかなりのロマンチストなので、変化に富んだ刺激的な恋愛を好みます。一目惚れしやすいのも牡羊座さんの特徴です。

牡羊座さんを輝かせてくれる装いは、デニムにスニーカーではなく、バレエシューズを合わせるなどカジュアルやスポーティな中にも、ほんのり甘さをプラスしたコーデ。

また、お日様の下が似合うような、オレンジのチークやリップなど爽やかなナチュラルメイクがおすすめです。

裏ホロスコープ占い換算表

イラスト/窪田エリー

占い師・流光七奈

長年連れ添った夫を亡くした5年前より、本格的に占い師としての活動を始める。通常の星座占いより、より精度が高い運命を占うことができるオリジナルの占星術「裏ホロスコープ」で、悩める女性の恋と仕事、人生を占う。前向きなアドバイスと占いの命中率が評判を呼び、「女性セブン」(小学館)をはじめ、多数メディアで活躍。著書「ダンナさまは幽霊」、「ダンナさまは幽霊 霊界だより」に加え、2020年1月「ダンナさまは幽霊 天国からのメッセージ」を発売(イースト・プレス)。流光七奈公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.23

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature