在宅ワーク作業環境を改善!「骨盤サポート チェアクッション」4名へプレゼント♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. プレゼント
  3. Web限定プレゼント
  4. 在宅ワーク作業環境を改善!「骨盤サポート チェアクッション」4名へプレゼント♡

PRESENT

2021.12.04

在宅ワーク作業環境を改善!「骨盤サポート チェアクッション」4名へプレゼント♡

カラダファクトリー「座善 The Zen 骨盤サポート チェアクッション」をプレゼント! Oggi公式Twitterアカウントをフォロー&規定投稿をリツイートで、4名様に当たります。

Oggi公式Twitterをフォロー&リツイートで当たる!
カラダファクトリー「座善 The Zen 骨盤サポート チェアクッション」を4名様にプレゼント

予断を許さない状況が続くコロナ禍。引き続き、在宅ワークを続けている人も多いと思います。堅い座面のダイニングチェアなどで長く在宅作業を続けていると、腰を痛めたり、おしりの痛みを感じたり、悩みは尽きないですね。

今回は、そんな悩みに応えるアイテムをプレゼントします。整体×骨盤サロン「カラダファクトリー」から、骨盤をサポートし、正しい座り姿勢を叶えるクッション「座善 The Zen 骨盤サポート チェアクッション」を4名様分(税込5,700円/台)を用意しました!

◆座善 The Zen 骨盤サポート チェアクッション

▲5,700円(税込)

「座善 The Zen 骨盤サポート チェアクッション」は、椅子に置くだけで正しい座り姿勢をサポートするチェアクッション。骨盤の中の仙骨(骨盤の上方後部の骨)という部位を押すことで座り姿勢を改善。さらに坐骨部位からの圧力を分散することでおしりの負担を軽減してくれます。

◆特長1:独自の“仙骨への刺激”

「座善 The Zen 骨盤サポート チェアクッション」は、背の部分が盛り上がっていますが、その“仙骨クッション”が仙骨を押すことで、立ち姿勢と同じラインを保ちます。また、調整ベルト“仙骨ベルト”で、仙骨を押す力を高めることができます。

◆特長2:坐骨からの圧力を分散し、おしりの負担を軽減

「座善 The Zen 骨盤サポート チェアクッション」は、高反発ウレタンフォームを使用。すぐれた体圧分散効果で、長時間座ってもおしりが痛くならない工夫をした座面です。

広い座面でももの裏をカバーし、尾骨ホールで圧力を逃がしながら通気性も確保。ベストな高さに設計された両サイドの太ももホールドが太ももの固定し、脚の広がりを抑えて、体圧分散効果の向上をアシスト。

* * *

在宅作業が捗りそうなアイテムですね! ぜひこの機会にぜひゲットしてみてください。たくさんのご応募をお待ちしております!

【プレゼントキャンペーン概要】

キャンペーン実施期間:2021年12月4日〜12月17日PM12:00まで

応募方法:

1. OggiのTwitter @oggi_jp をフォロー

2. 規定投稿に#カラダファクトリーをつけて引用リツイート

当選アイテム:
座善The Zen 骨盤サポート チェアクッション

当選人数:厳正な抽選のうえ4名様にプレゼント

当選のご連絡:Oggi公式Twitter(@oggi_jp)のDMにてご連絡いたします。Twitterアカウントは必ず公開し、公式アカウントを必ずフォローしてダイレクトメールを受け取れるように設定をお願いします。1週間ご連絡が取れなかった場合、当選を取り消しさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

さらに詳しい情報は公式サイトでチェック!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature