【深夜】2021年6月幸運の〝星のささやき〟|星ひとみ「天星術」 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. feature(fortune)
  4. 天星術
  5. 【深夜】2021年6月幸運の〝星のささやき〟|星ひとみ「天星術」

FORTUNE

2021.06.01

【深夜】2021年6月幸運の〝星のささやき〟|星ひとみ「天星術」

今、最も注目を集める人気占い師・星ひとみさんの連載の12回目。生年月日を入力するだけで、6月のあなたの運勢がわかります!

個性派あまのじゃく

深夜

◆基本の運勢

特殊な感覚や抜群の記憶力、独創的なアイディアなど、多くの才能に恵まれているのが最大の魅力。本当に好きなことには、納得できるまで頑張り続けられる人です。寂しがり屋ですが、ベタベタされるのは苦手というあまのじゃくな一面もあるでしょう。恋愛面でもマイペースを貫くタイプで、人とずっと一緒にいたいのではなく、タイミングよく一緒にいてくれる人を好む人です。抑えつけられたり、怒られたりするのが何よりのストレス。少々のピンチにも動じない強さがありますが、精神的に弱ると崩れていきます。自分の個性を大切にしつつ、寛大な心持ちで過ごすことが重要です。言葉足らずゆえ誤解を招きやすいのですが、そこで投げやりにならず、メールや文章などで自分の素直な気持ちを伝えるようにすると、これまで以上に才能が飛躍していきます。

◆6月の運勢

【総合運】
変化の波が訪れる時です。人によっては悩みやすい時期ですが、恐れる必要はありません。まだ経験したことがなく自信がないことでも、このタイミングであたなの前に訪れたなら、それは挑戦してみてというメッセージです。流れに逆らうことなく、変化の波にのまれてみましょう。頭であれこれ考えてしまうと、なかなか一歩が踏み出せないもの。とりあえずやってみる、という軽い気持ちで始めるのが◎。歩き出すことで自然と明るい未来が見えてくるはず。好奇心を大切に。

【恋愛運】
一緒に体を動かすことで、恋が動き出す流れにあります。ランニングや球技など、屋外で一緒に楽しめるアクティビティーがおすすめ。「楽しい」をキーワードに過ごしてみましょう。いつもの自分では考えられないことでもやってみると、意外と楽しかったりするもの。自分自身の変化も楽しんでみて。

【仕事運】
仕事面でも変化の波が訪れて、今が頑張り時だと感じられるかもしれません。自分に限界を定めず、本気になれば何でも出来ると強い気持ちを持ちましょう。悩む時間があるなら、まずやってみるという姿勢を大事にしてみてください。また、オフの時間をしっかり取ることで、仕事は頑張れるもの。メリハリをつけて過ごしましょう。

【一言】
自分の気持ちに素直になって、挑戦しよう。

【ラッキーナンバー】
ラッキー:9、11
アンラッキー:26、30

【ラッキーカラー】
ラベンダー

【ラッキーファッションアイテム】
リラクシージャケット

* * *

いかがでしたか?

「運命は決めつけではない」と星さんは言います。受け止め方次第で、踏み出し方次第で、新しい運命が始められます! 今月も、どうかみなさまが幸せに過ごせますように!

ではまた来月、お会いしましょう♡

もう一度占う
2021年の運勢を占う

イラスト/そで山かほ子 編集協力/宮田典子(HATSU) 構成/辻本幸路

天星術占い師・星ひとみ

天星術占い師。中国に古く伝わる東洋占星術をベースに、数々の統計学や人間科学、心理学など様々な要素を取り入れたオリジナル運勢鑑定法「天星術」の開祖。巫女の血筋を持つ家系に生まれ、幼少期から占星術や心理学の研究を重ねる。鑑定歴は20年。生まれながらの力と経験による知識から導き出す鑑定は圧倒的な的中率で人気を集め、各界に多くのファンを持つ。現在『スッキリ』(日本テレビ系)の「誕生月占い スッキリす」の監修を務めるほか、『突然ですが占っていいですか?』(フジテレビ系)に出演、少女コミック誌『Cheese!』でも連載中。初のエッセイ本『幸せ上手さん習慣』は10万部を超えるベストセラーに。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.15

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature