【深夜】2020年11月幸運の〝星のささやき〟|星ひとみ「天星術」 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. feature(fortune)
  4. 天星術
  5. 【深夜】2020年11月幸運の〝星のささやき〟|星ひとみ「天星術」

FORTUNE

2020.11.01

【深夜】2020年11月幸運の〝星のささやき〟|星ひとみ「天星術」

今、大注目の人気占い師・星ひとみさんが「天星術」であなたの運命を占います♡ 天星「深夜」の2020年11月の幸運の〝星のささやき〟

個性派あまのじゃく

深夜

◆基本の運勢

特殊な感覚や抜群の記憶力、独創的なアイディアなど、多くの才能に恵まれているのが最大の魅力。本当に好きなことには、納得できるまで頑張り続けられる人です。寂しがり屋ですが、ベタベタされるのは苦手というあまのじゃくな一面もあるでしょう。恋愛面でもマイペースを貫くタイプで、人とずっと一緒にいたいのではなく、タイミングよく一緒にいてくれる人を好む人です。抑えつけられたり、怒られたりするのが何よりのストレス。少々のピンチにも動じない強さがありますが、精神的に弱ると崩れていきます。自分の個性を大切にしつつ、寛大な心持ちで過ごすことが重要です。言葉足らずゆえ誤解を招きやすいのですが、そこで投げやりにならず、メールや文章などで自分の素直な気持ちを伝えるようにすると、これまで以上に才能が飛躍していきます。

◆11月の運勢

【総合運】
「今まで通り」がしっくりせず、何かに冒険してみよう、試してみようという気持ちに突き動かされる時です。できる限り自分自身を刷新、活性化させることを心掛けてみましょう。電車通勤から自転車通勤にシフトしたり、通勤バッグを新調したり、新色アイカラーを試したり…、どんな些細なことでも今月は「脱マンネリ」が開運のカギとなります。大胆なイメチェンも吉。雑誌やSNSなどをリサーチして、理想のスタイルをさっそく取り入れてみましょう。新しいものに案外ハマってしまうかもしれません。

【恋愛運】
恋愛運は低迷期です。彼の本心がどこにあるのかと疑いの目を向けてしまい、ギクシャクしてしまいそう。いつもとは違う下着やネイルに挑戦したりすることで、負の感情から解き放たれるでしょう。

【仕事運】
新しく何か始めてみる、今までとはやり方を変えてみるなど、自分から変化を取り入れていくことで仕事運が拓けていく兆し。探究心を大切に、突きつめる、極めてみると面白いかもしれません。心に余裕を持つためにも時間は厳守。5分前行動を心がけて。

【一言】
これから飛躍するための充電期。「試行錯誤」できるチャンスは今。

【ラッキーナンバー】
ラッキー:10、22
アンラッキー:5、15

【ラッキーカラー】
カーキ

【ラッキーファッションアイテム】
リバーコート

運気が絶好調な人もそうでない人も、星さんの“ラッキー”&“回避”アドバイスを心に留め、年末までのラストスパートを“万全に”乗り切りましょう! それではまた来月に♡

11月28日発売のOggi1月号では、星さんが全16ページに渡って、2021年の運勢を鑑定してくれる占い企画が組まれています。来年の開運アクションや良い月、悪い月などを知ることができるので、こちらも楽しみにしていてください。

もう一度占う‎

イラスト/そで山かほ子 編集協力/宮田典子(HATSU) 構成/辻本幸路

占い師・星ひとみ

占い師、ライフコーディネーター。中国に古く伝わる東洋占星術をベースに、数々の統計学や人間科学、心理学など様々な要素を取り入れたオリジナル運勢鑑定法「天星術」の開祖。巫女の血筋を持つ家系に生まれ、幼少期から占星術や心理学の研究を重ねる。鑑定歴は20年、政財界や大手企業などを中心に1000人以上の顧客を持ち、芸能界では数々の有名人の子供の名付けを任される。鑑定人数は3万人以上。現在『スッキリ』(日本テレビ系)の「誕生月占い スッキリす」の監修を務めるほか、『突然ですが占っていいですか?』(フジテレビ系)に出演、少女コミック誌『Cheese!』でも連載中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.13

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature