Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. 裏ホロスコープ占い
  4. 射手座
  5. 【射手座】裏ホロスコープ占い|2020年5月1日~15日の運勢【いて座】

FORTUNE

2020.05.01

【射手座】裏ホロスコープ占い|2020年5月1日~15日の運勢【いて座】

2020年5月前半のいて座の運勢は?「裏ホロスコープ占い」を知っていますか? あなたが生まれたときに、太陽がどの星座エリアに位置していたかを占うのが、一般的に浸透している12星座。一方、生まれたときの「太陽と月の軌道の交点」がどの星座エリアにあるかを見るのが「裏ホロスコープ占い」です。この占いでは、あなたの使命やこの先の運命をより深く知ることができるのです。

流光七奈

5月前半の射手座さんは、新しい物事にご縁があります。特に、新しいことを始めるチャンスがやってくる可能性が高まっています。これまで、自分がそれに関わる日が来るとは想像していなかった分野かもしれません。すでに話が来ている場合は、本格的に動き出すでしょう。どうするか迷っていたとしたら、お金やその他の条件はひとまず置いておき、ワクワクするかどうかを基準に考えてみて。ワクワクを感じたら、ひたすら自分の力を信じて進んでいきましょう。

普段からリーダーシップ力が強い射手座さんですが、この時期は「指導力」がアップします。後輩や新人

の指導をする機会がやってきたら、仕事の量が増えるとしても、引き受けてみましょう。射手座さん自身が多くを学べるだけでなく、周囲からの評価も高まります。ポイントは、指導そのものを意識するというより、「一緒に成長していく」という気持ちで行うこと。お互いに良い刺激となって、仕事が捗るでしょう。

出会いを求めている人にチャンスが多い時期。素敵な人を紹介される機会もありそうです。社会的ステイタスの高い相手や、だれもが憧れるような相手を紹介されて、怖気づいてしまうかもしれませんが、それは見せずに、グッと胸を張って自信を前面に出していきましょう。紹介してくれた人は、あなたとその相手が釣り合うと思って紹介してくれていますよ。おつきあい中の人は、どんな小さなことでも相談をしながら進めていくと、良い関係を保てるでしょう。

ラッキーアイテム・スポット

ライラックカラーのファッション・豆料理

※新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛要請の発出を受け、ラッキースポットは省略させていただきました。

明るく好奇心旺盛な射手座さんは、チャレンジ精神にあふれています。楽しく朗らかなお人柄で、自ら道を切り開いていくので、男女ともに交友関係は広くなります。

仕事では目標に向かって全力で努力しますので、独立や起業を目指す人も多いのが特徴です。

恋も仕事もいつでも真剣な射手座さんは、刺激的で自由奔放なお付き合いの恋愛を好みます。あまり常識にとらわれない感性は、同年代男性よりも年上の包容力のある男性か、年下の向上心旺盛な男性と相性が良いようです。相手に対してあまり執着心を持たない傾向があるので、恋愛経験が多いことも。

そんな射手座さんを輝かせてくれる装いは、デニムにブラウスや肌見せトップスを合わせるなどアクティブな印象でもカジュアルになりすぎないファッションです。

射手座さんは好奇心旺盛なキラキラした目が魅力ですので、目元が映えるようなラメ入りのアイシャドウがおすすめです。

裏ホロスコープ占い換算表

イラスト/窪田エリー

流光七奈

長年連れ添った夫を亡くした5年前より、本格的に占い師としての活動を始める。通常の星座占いより、より精度が高い運命を占うことができるオリジナルの占星術「裏ホロスコープ」で、悩める女性の恋と仕事、人生を占う。前向きなアドバイスと占いの命中率が評判を呼び、「女性セブン」(小学館)をはじめ、多数メディアで活躍。著書「ダンナさまは幽霊」、「ダンナさまは幽霊 霊界だより」に加え、2020年1月「ダンナさまは幽霊 天国からのメッセージ」を発売(イースト・プレス)。流光七奈公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.07

編集部のおすすめ Recommended

Oggi 8月号P.63に掲載のサングラスの値段とブランド表記に誤りがありました。正しくは、物撮りの一番上のサングラスが「サングラス¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店<センスオブプレイス>)」で、一番下のサングラスは「サングラス¥3,500(SNIDEL)」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature