Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ワンピース
  4. シャツワンピコーデ
  5. 今どきのデニムとシャツワンピースの合わせ方は?|細部に女らしさが光る着こなし9選

FASHION

2020.05.12

今どきのデニムとシャツワンピースの合わせ方は?|細部に女らしさが光る着こなし9選

カジュアルなデニム×シャツワンピースを今っぽく見せるレイヤードテクをご紹介します。コーデの表情が変わるデニムの合わせ方や、バサッと羽織るアウター使い、小物の合わせ方もチェックして。

【目次】
おしゃれに見えるデニム×シャツワンピースのポイントは?
デニムとシャツワンピースでつくる好バランスコーデ
シャツワンピースのアウター使いでおしゃれデニムスタイルに
小物使いをマスターして今っぽいスタイルに
最後に

おしゃれに見えるデニム×シャツワンピースのポイントは?

一枚でも主役になるシャツワンピースにデニムをレイヤードした旬コーデ。ゆるっとシルエットのシャツワンピースは、体のラインを拾わないので、子供っぽくならないように気をつけて。着こなしのポイントを参考に、鮮度の高いデニムスタイルを。

□ カジュアルなデニムはトーンを合わせて大人っぽく
□ シャツワンピは軽やかなアウター代わりにはおって
□ 小物やシルエットでバランスをコントロールする

デニムとシャツワンピースでつくる好バランスコーデ

ゆったりシルエットのシャツワンピースは、基本的にどんなデニムを合わせてもサマになる頼れるアイテム。その分、大人っぽくこなれ感のあるスタイルにまとめて、ほかとは差をつけたいところ。今選ぶべきベストバランスのデニムはこれ!

【1】ちらりとのぞくカットオフデニムでメリハリを

【1】ちらりとのぞくカットオフデニムでメリハリを

バサッとは羽織って着られるタイプの開襟シャツワンピースは、裾からほんの少し見えるカットオフデニムがおしゃれの効かせ役。デニムを重ねるなら、裾にアクセントのあるタイプで一気にこなれる。

バサッと着られるのが今っぽい! 1枚でも映えるおすすめワンピ&着回しコーデ

【2】フレアデニムと色を合わせてこなれ感アップ

【2】フレアデニムと色を合わせてこなれ感アップ

鮮度の高いニット素材のシャツワンピースに、じわじわきているフレアデニムを合わせたレイヤードコーデ。どちらも長め丈かつ同系色にして、つながりよく着るのがポイント。

【ニットワンピース×デニム】のレイヤード

【3】デニムに合わせて小物も黒を散りばめて大人っぽく

【3】デニムに合わせて小物も黒を散りばめて大人っぽく

カーキシャツワンピースにブルーデニムだとカジュアルすぎるので、ブラックデニム合わせが正解。キャップや靴も黒でまとめて大人カジュアルに。

バサッと着られるのが今っぽい! 1枚でも映えるおすすめワンピ&着回しコーデ

【4】ワイドデニムは足元を重めバランスでまとめて

【4】ワイドデニムは足元を重めバランスでまとめて

シックなネイビーベースの花柄シャツワンピースは、ワイドデニムを重ねて休日だからこその着こなしを。ボリューム感のあるレイヤードに合わせて、クリアな白ショートブーツを合わせてほっこり感を回避。

【旬の花柄ワンピコーデ】デニムを重ねて休日のおしゃれを満喫

シャツワンピースのアウター使いでおしゃれデニムスタイルに

シャツワンピースはデザインもカラーも豊富なので、バサッと着られる薄軽アウター気分で選んでみて。着流し風コートのようにシャツワンピースを合わせれば、デニムスタイルもいつもと違う表情を見せてくれるはず。

【1】花柄ワンピースでヴィンテージ感を取り入れて

キャミソールとデニムのワンツーコーデは、繊細タッチな花柄シャツワンピースでヴィンテージなムードをひと盛り。ピンクにパープル… ときれい色で描かれたフラワープリントが印象的。

【ESTNATION|エストネーション】花柄ワンピース|女子会で「いいね」を狙えるアイテム

【2】肩を落として抜け感のある着こなしに

【2】肩を落として抜け感のある着こなしに

ドライな質感のブラウンシャツワンピースは、アウターとして羽織ってもかっこいい。ヴィンテージ感のあるデニムと肌の見えるトップスで、抜けのあるヘルシーなボリュームコーデに。

シャツワンピをアウターにしてバサッとはおって

小物使いをマスターして今っぽいスタイルに

ボリューム感のあるシルエットのシャツワンピースは、場合によってはあか抜けない無難な雰囲気になってしまいがち。トップや首元、ウエストマーク、足元などに、アクセントになる小物を取り入れて、こなれ感を持たせて。

【1】ヘアバンドで目線を上に

タンクトップ×デニムのアウトドアスタイルに、リネンシャツワンピースをバサッと羽織ったコーデ。髪をまとめて巻いたヘアバンドとデニムの色をリンクさせれば、ほどよいカジュアルに。

都市型フェスへはヘアバンド×フラットシューズでポップに出掛けよう♪

【2】ベルトマークや辛口小物でキレよく

タートルニット×デニムのシンプルコーデは、シャツワンピースをバサッと羽織って今っぽく更新。ベルトマークやシルバー小物でキレ味のよい大人のデニムスタイルに。

【女子会コーデ】一目置かれるシャツワンピスタイル

【3】ストールを巻いてリズムのある奥行きに

【3】ストールを巻いてリズムのある奥行きに

薄軽着流しトレンチ気分で羽織ったネイビーのシャツワンピースは、首元のストールをツイスト巻きにして奥行きを持たせて。シンプルな白T×デニムのコーデがグッとこなれた雰囲気に。

はくたかに飛び乗り、あっという間に帰京

最後に

デニム×シャツワンピースの着こなしは、難しい組み合わせではないけれど、シルエットやメリハリなど一つひとつのバランスに気をつかうだけで今どきのシルエットに。まるで下ごしらえを丁寧に施した料理のように、仕上がりがグッと変わります。シンプルだからこそ、細部に女らしさが光る… そんな大人の着こなしを楽しんで。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.27

編集部のおすすめ Recommended

Feature