【ルイ・ヴィトン】新作フレグランス「ウール・ダプサンス」を発売、メゾン初の香水を再解釈し新たな香りに | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. feature(fashion)
  4. ファッションニュース
  5. 【ルイ・ヴィトン】新作フレグランス「ウール・ダプサンス」を発売、メゾン初の香水を再解釈し新たな香りに

FASHION

2020.02.26

【ルイ・ヴィトン】新作フレグランス「ウール・ダプサンス」を発売、メゾン初の香水を再解釈し新たな香りに

ルイ・ヴィトン初のフレグランスが、発売から約1世紀経った今、新たな解釈で生まれ変わり登場します。

大きなブーケに包まれるような、完璧に調香されたフレグランス

1927年に発表されたルイ・ヴィトン初のフレグランス「Heures d’Absence(ウール・ダプサンス─余暇の時間)」。ヴィトン家が1920年代にセーヌ=エ=マルヌ地方に所有していた別荘にちなんで名付けられたこのフレグランスが、約1世紀の時代の時を経て蘇りました。

「束縛から自由になろう」「自分を解放しよう」「憂鬱な気分を振り払おう」「今を生きよう」という、内なる秘めた想いを羽ばたかせる旅へ私たちを連れ出してくれる「ウール・ダプサンス」。しかし香りの製法やレシピは残っておらず、どのような香りであったかは謎に包まれています。

そこで、メゾンのインハウス・マスター・パフューマー ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、何の制約もなく、自らがイメージするままに「ウール・ダプサンス」を調香しました。

ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、「ウール・ダプサンス」を、瑞々しい花をたっぷりと盛り込んで再解釈しようと考えました。彼が愛してやまないグラースに咲く花々、喜び、愛、日常からのエスケープという寓意と表象に捧げるオマージュとして生まれたこの香りは、洗練を極める大きなブーケのような花の組み合わせを、完璧に、かつ現代的なアプローチで一新。ひとつひとつの天然香料の存在を感じさせながらも、すべてのノートが色彩鮮やかなハーモニーとなり、メロディを奏でます。

ウィメンズ・フレグランス コレクション「レ・パルファン ルイ・ヴィトン」において11番目の香りとなる「ウール・ダプサンス」。時を超えて生まれ変わった、まったく新しい香りです。

☆2020年2月27日(木)発売
オー ドゥ パルファン「Heures d’Absence」100ml 32,000円
オー ドゥ パルファン「Heures d’Absence」200ml 45,000円
トラベルスプレー「Heures d’Absence」4×7.5ml 32,000円
トラベルスプレーレフィル 4×7.5ml 17,000円
※価格はすべて税抜

画像:©Louis Vuitton

ルイ・ヴィトン


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.04.16

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

Oggi5月号46ページに掲載しているアルアバイルのライトベージュのジャケットの値段に誤りがありました。正しくは¥49,500になります。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。