Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. 裏ホロスコープ占い
  4. 乙女座
  5. 【乙女座】裏ホロスコープ占い|2019年下半期の運勢【おとめ座】

FORTUNE

2019.05.26

【乙女座】裏ホロスコープ占い|2019年下半期の運勢【おとめ座】

2019年下半期のおとめ座の運勢は?「裏ホロスコープ占い」を知っていますか? あなたが生まれたときに、太陽がどの星座エリアに位置していたかを占うのが、一般的に浸透している12星座。一方、生まれたときの「太陽と月の軌道の交点」がどの星座エリアにあるかを見るのが「裏ホロスコープ占い」です。この占いでは、あなたの使命やこの先の運命をより深く知ることができるのです。

流光七奈

2019年下半期の乙女座さんは、社会との繋がりが強まる運気が巡ってきています。普段はあまり付き合いがないご近所の人と思いもよらないご縁に恵まれたり、公私ともに人から頼られたり相談される機会が増え、自分が社会の一員であることを実感するようです。ボランティア活動などを始めるのも運気をアップさせてくれます。また、秋に親族の冠婚葬祭に出席する機会があれば、ぜひ積極的に参加するようにしましょう。この時期の乙女座さんにとって、ピンチになった時に最終的に助けてくれるのはご親族だからです。

仕事では、乙女座さんの高い理想と努力が実り、満足いくような仕事ができる時期です。特に9月が正念場になりそうですが、ここを乗り切ればあとは惰性でも動いて行きますので、もうしばらく頑張っていきましょう。スキルアップや勉強を考えている人は、良い指導者や協力者が現れそうですので、ぜひ挑戦してみましょう。転職を考えている人で、職種を変えようかどうか迷っている人は、今は変えないのが正解です。変えるよりも極めることが、仕事で成果をあげるための秘訣です。それでも迷ったら、神社でおみくじを引くとヒントをいただくことができます。

2019年下半期の乙女座さんは、そろそろ身を固めたい! 恋愛に決着をつけたい! という気持ちが高まる時期のようです。それは、結婚運が急上昇する時期だからなのですね。その反面、周りで結婚や出産ラッシュとなり、焦って正しい判断がつきにくくなる可能性も高まります。婚期は人それぞれですが、この時期は乙女座さに婚期が訪れていることは間違いありませんので、お相手選びをじっくり行うことで、良いパートナーに巡り会うことができますよ。片思い中の人は、7月には距離が縮まるようなきっかけが訪れそうです。パートナーがいる人は、彼はそろそろプロポーズの準備をしているかもしれません。

ラッキーアイテム・スポット

カフェのモーニング、テレビの情報番組、七福神の祀られている神社

謙虚で真面目な努力家の乙女座さんは、年上上司から見た部下にしたいランキングナンバーワンの星座です。

自分の仕事には妥協せず、その完璧を目指す姿勢には、誰もが尊敬の気持ちを持つことでしょう。ですが、そのストイックさが自分を追い詰めてしまうことも。

恋愛は、お友達感覚のさっぱりした関係を好みます。また、相手選びはとても慎重で、結婚を視野に入れたお付き合いとなることも多いようです。誰にでもオープンにお付き合いできることが大切なので、あまり不倫関係などにはなりにくいです。美しいものに感動するようなロマンチックな一面もお持ちなので、デートや記念日はお付き合いにおける重要ポイント。

乙女座さんを輝かせる装いは、スーツやパンツスタイルのシャープな服装よりもフレアスカートやAラインワンピースがオススメです。また、花柄は忙しく働く乙女座さんを優しい雰囲気にしてくれます。

ブラウンリップなど、落ち着いた雰囲気のメイクが魅力を引き出してくれます。

裏ホロスコープ占い換算表

イラスト/窪田エリー

流光七奈

長年連れ添った夫を亡くした3年前より、本格的に占い師としての活動を始める。通常の星座占いより、より精度が高い運命を占うことができるオリジナルの占星術「裏ホロスコープ」で、悩める女性の恋と仕事、人生を占う。前向きなアドバイスと占いの命中率が評判を呼び、「女性セブン」(小学館)をはじめ、多数メディアで活躍。著書に「ダンナさまは幽霊」、「ダンナさまは幽霊 霊界だより」(イースト・プレス)。原宿竹下通りにある「占いリリコイ」を主宰。流光七奈公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。

Feature