Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ワードローブ
  4. 【Oggi1月号 1か月コーディネート】配色美人をつくる、厳選17の基本アイテムって?

FASHION

2017.11.28

【Oggi1月号 1か月コーディネート】配色美人をつくる、厳選17の基本アイテムって?

2017年Oggi1月号「1か月コーディネート」で使った基本アイテムはこちら。Oggi.JPでは365日コーディネートで使用しているワードローブです。ついつい頼りがちな「黒」をお休みして配色美人を目ざす、冬にマストなアイテムをご紹介します。賢くワードローブを更新して、旬度の高いおしゃれを楽しみましょう!

小池百々子

A:ベルテッドコート B:エコファージャケット

A:ベルテッドコート

さらりと着流せる長め丈×テラコッタ色。これ一枚で旬の着こなしが実現。計算された程よいボリューム感も着やすさのカギ。コート[共布ベルト付き]¥48,000(アルアバイル〈アルアバイル〉)

B:エコファージャケット

トレンドのファーは、リバーシブルジャケットで投入。ニュアンスがあって上品なベージュの色味も絶妙。ジャケット¥32,000(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉)

C:金ボタンダブルジャケット D:タートルネックニット

C:金ボタンダブルジャケット

コンパクトな肩とすっきり着られるシルエットが自慢。大人トラッドを満喫するのに便利な一枚。ジャケット¥42,000(アルアバイル〈アルアバイル〉)

D:タートルネックニット

程よい抜け感が手に入る、ローゲージのざっくりタートル。ボトムを選ばないユニセックスなデザインが使いやすい。ウール100%で暖かさも◎。ニット¥32,000(スローン)

E:ふんわりニット F:きれい色両面ニット

E:ふんわりニット

ラクーン100%のエアリーなふんわり感が愛らしいふんわりニット。キャメル色が素材の優しい表情を後押ししてくれる。ニット¥17,000(ジネス ディアモール大阪店〈ジネス〉)

F:きれい色両面ニット

背中開きニットとしても、Vネックカーディガンとしても着られる便利な2WAY仕様。パッと目を引くイエローも鮮度抜群。ニット¥19,000(TOMORROWLAND〈BALLSEY〉)

G:クルーネックニット HH’:アンサンブルニット

G:クルーネックニット

シンプルなハイゲージのクルーネックニットは、ブラウンをチョイスして今どきの表情に。濃いめのチョコ茶が着こなしのアクセントに重宝します。ニット¥11,000(ルーニィ)

HH’:アンサンブルニット

カーデは一枚でも着られる深すぎないV開きが便利。インナーのノースリタートルは好感度抜群です。H:カーディガン¥14,000・H’:ニット¥12,000(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉)

I:ネイビープルオーバー J:そでコンシャスブラウス

I:ネイビープルオーバー

ドロップショルダー&ボリュームシルエットが今旬のプルオーバー。後ろがやや長めなので前だけインもすっきり決まる。プルオーバー¥23,000(GUEST LIST〈upper hights〉)

J:そでコンシャスブラウス

好感度アップの光沢素材。手洗いOKなのもうれしいポイント。通勤シーンはもちろん、イベントの多くなるこれからの季節の即戦力に。ブラウス¥12,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈スピック&スパン〉)

K:ロングフレアスカート L:レースタイトスカート

K:ロングフレアスカート

〝マディソンブルー〟でも人気の高い、ふわりと広がるAラインシルエットのロングスカート。ウール100%のハリとボリューム感がこなれのカギ。スカート¥54,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)

L:レースタイトスカート

男女ともに好印象なレーススカートは、ブラウンにアップデートして差をつけて。ひざが隠れる丈感が今の旬。スカート¥26,000(エストネーション〈エストネーション〉)

M:ラップミニスカート N:チェック柄ワイドパンツ

M:ラップミニスカート

グレージュとブラウンのリバーシブル仕様がうれしいラップスカート。おしゃれな人から始めてるミニ丈にも注目。スカート¥17,000(アンタイトル)

N:チェック柄ワイドパンツ

タック入りのハイウエストワイドパンツはスタイルアップ効果抜群。トレンドのチェックを選んで今どきのかっこよさを目ざして。パンツ¥50,000(GALERIE VIE 丸の内店〈LUCIO VANOTTI〉)

O:ブルーの細身パンツ P:白の細身パンツ

O:ブルーの細身パンツ

甘さを抑えた鮮やかなロイヤルブルー。目立つからこそシルエットにこだわって選びたい。パンツ¥17,000(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈ユナイテッドアローズ〉)

P:白の細身パンツ

クリアな華やかさを表現できる白パンツは、美脚効果の高いセンタープレス入りを指名。後ろ側のみウエストゴム仕様。パンツ¥8,990(PLST)

Q:デニムパンツ

Q:デニムパンツ

ほんのりフレアなシルエット、センタープレス、インディゴカラー…美脚効果を詰め込んだ一本。切りっぱなしのすそでこなれ感を演出。パンツ¥8,800(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店<ミラ オーウェン>)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2017年Oggi1月号「ひと味ちがう! NOT黒な『美人配色』1か月コーディネート」より
撮影/前田 晃(モデル)、寺山恵子(静物) スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/林田岬優(Oggi専属) 構成/小池百々子
再構成/Oggi.jp編集部


< 2022年5月 2022年6月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

【6/1のコーデ】トレンドのオールインワンをきれいめに着こなしたい♡

1

【6/2のコーデ】ピンクトーンのきれいめカジュアルに夏らしさをトッピング♡

2

【6/3のコーデ】柄ワンピとリネンジャケットは相性◎ おしゃれ上級者を狙える!

3

【6/4のコーデ】コーデのまとめ役は… トラッドなミドル丈ジレにおまかせ!

4

【6/5のコーデ】クラシカルコーデで、シネマヒロイン気分を気取りたい♡

5

【6/6のコーデ】白×ベージュの着こなしに都会的な余裕を漂わせるテクニック

6

【6/7のコーデ】王道ブランドで選びたい! トラッドなブルーリネンシャツを主役に♡

7

【6/8のコーデ】ビーズネックレスもチェーンとのコンビなら通勤コーデに馴染む♡

8

【6/9のコーデ】キャミワンピに羽織るなら、シアーカーデが絶妙です♡

9

【6/10のコーデ】通勤ワンピで「きちんときれい」を更新しよう♪

10

【6/11のコーデ】ちょい帰省の日も抜かりなく! そんな日はゆるめシャツがいい

11

【6/12のコーデ】きれいめ派なら絶対! スタイリストが推す白デニム

12

【6/13のコーデ】今季トレンドのビーズネックレスを着こなしのハズし役に♡

13

【6/14のコーデ】こなれた印象に見える! 大人が“白ワンピース”の選ぶなら…

14

【6/15のコーデ】旬のグリーンを爽やかに仕上げるならスポーティブルゾンで!

15

【6/16のコーデ】今セットアップを買うなら… 最強“ベージュ”がいい!

16

【6/17のコーデ】華奢見えが叶うワンピースでご機嫌にお出かけ♡

17

【6/18のコーデ】シンプルワンピを旬のビーズネックレスで今っぽく!

18

【6/19のコーデ】ポロニットでトラッドなニュアンスを加味すれば新鮮な着こなしが完成する

19

【6/20のコーデ】着映える+お手入れ楽チンなワンピースがやっぱり最強

20

【6/21のコーデ】トレンドのビーズネックレス。白なら即抜け感を演出できる

21

【6/22のコーデ】上質レザーのヌーディーサンダルで夏のカジュアルを格上げ!

22

【6/23のコーデ】シンプルなワンピースに、パデッドサンダルで今っぽさを加味!

23

【6/24のコーデ】着やせと映えが両立♡ 大人にこそ似合うシルクワンピ

24

【6/25のコーデ】リフレッシュしたい週末旅には、甘カジMIXスタイルがいい

25

26

27

28

29

30

< 2022年5月 2022年6月

Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.25

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature