Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ピンクコーデ
  4. 「ピンコッタ」って何!? 秋のオフィス映えカラーはピンクの替わりに「ピンコッタ」!

FASHION ピンクコーデ

2017.10.29

「ピンコッタ」って何!? 秋のオフィス映えカラーはピンクの替わりに「ピンコッタ」!

ベーシックカラーとなじみのいい、くすんだ色調の「ピンコッタ」は、実は着る人を選ばない万能カラー! Oggiはこの秋、オフィスコーディネートにこの色をおすすめします。

これまでの秋冬にないくらい、カラフルなアイテムが豊作の今季。数ある中で、だれにでも似合うと注目のくすみ系カラー「ピンコッタ」。耳慣れないこの色、色の魔術師・スタイリスト入江未悠さんが徹底解説します!

肌なじみのよいピンク+テラコッタ「ピンコッタ」

「昨冬大人気だったテラコッタに、ピンクみが加わり、だれにでも似合いやすく進化した新色ピンコッタ。ピンクがもつ女らしさと、くすみ系カラーならではのシックさ…まさに〝いいとこ取り〟ができるのも強み。ピンクだと甘すぎたり、オフィスで目立ちすぎたり…というときにピンコッタを使えば、ふだんのコーディネートから浮かずに、華やかな装いが楽しめます」(入江さん)

【トップ画像/右から】
シンプルなパンプスもこの色になるだけで新鮮。靴¥28,000(ハイブリッジ インターナショナル〈Fabio Rusconi〉)/上品に楽しめるカラーレース。スカート¥16,000(ユナイテッドアローズ 新宿店〈ユナイテッドアローズ〉)/どんなベーシックカラーともなじむから、冬スタイルの土台になるニットで取り入れても、着回し力に納得。ニット¥18,000(BOSCH〈B ability〉)/ころんとしたフォルムのかわいさが強調されて。バッグ¥34,000(エストネーション〈イアクッチ〉)/なじみやすいピンコッタだから柄ものもOK。ブラウス¥18,250(ニンジニアネットワーク〈ラシンク〉)/ピンコッタのパンツならとろみのあるワイドタイプを選ぶのが正解。パンツ¥16,800(パシオーネ)

「ピンコッタ」の着こなしテクニック3

ブラウンみを含むからアースカラーと相性抜群

ピンコッタと同じくすんだ色調ゆえ、統一感のあるコーディネートが簡単に叶うスモーキーなカーキやブラウンは、最初にトライしたい色合わせ。ピンコッタの色自体に程よい甘さがあるから、スカートを合わせる場合は、フェミニンなフレアスカートではなく、長めのタイトスカートで辛口に仕上げるのが大人っぽくまとめるコツ。

ニット¥18,000(BOSCH〈B ability〉) スカート¥26,000(インターリブ〈サクラ〉) バッグ¥89,000(ルック ブティック事業部〈レペット〉)

女らしいピンコッタは黒で辛口に締めるとすっきり

ピンク×黒のコーディネートは子供っぽく見えることもあるけれど、ピンコッタ×黒ならその心配は無用。ピンコッタと同じくすみ系のボルドーをバッグで投入し、さらなるおしゃれ感アップを目ざして。

パンツ¥16,800(パシオーネ) ニット¥26,000(ENFÖLD) バッグ¥154,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥17,000(オデット エ オディール 新宿店〈オデット エ オディール〉) バングル¥25,000(AHKAH 神南本店〈AHKAH〉)

知的なネイビーと合わせれば通勤にもぴったり

ネイビーも、ピンコッタと合わせて間違いのない色。ピンコッタは通勤でも使いやすい落ち着いた色だけれど、上品なネイビーと合わせればさらに◎。スティックパンツで爽やかフェミニンな女性に。

〝SACRA〟のプルオーバー¥24,000・〝ナノ・ユニバース〟のパンツ¥14,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) バッグ¥15,000(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店〈レガロ × ビューティ&ユース〉) 時計¥33,000(H.P.FRANCE〈INDUNA〉)

Oggi最新号の試し読みはこちら

2017年11月号「秋、オフィスでもっていく人はピンクの替わりに“ピンコッタ”、ブルーの替わりに“ジェイドグリーン”!」より。
本誌掲載時スタッフ:撮影/坂根綾子(静物)、藤原 宏(Pygmy Company/モデル) スタイリスト/入江未悠 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/愛甲千笑美 構成/高橋香奈子
再構成:Oggi.jp編集部


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.18

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature