Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ファッションニュース
  4. 「あの人感じいい…」見えを狙えるネイビーアイテム4選

FASHION

2018.08.12

「あの人感じいい…」見えを狙えるネイビーアイテム4選

「きちんとした印象に見られたい」、「仕事で好印象を狙いたい」、「大人度を上げたい」、そんな気分の日にこそ「ネイビー」が強い味方! ちょっとマジメな印象でも、品がよく高級感があり、さらに女性の肌を美しく見せれくれる「ネイビー」は、大人世代が抜群にハマる色。

シックな「ネイビー」は、夏→秋の季節の変わり目の今こそまといたい!

「昨日は暑かったのに、今日はなんだか肌寒い!」そんな日にも柔軟に対応できるように、そろそろ秋服の準備をしておきたいところ

そこで! 今回は、夏から秋へとつなぐ「ネイビー」アイテムをリストアップ。
控えめなのに、上品できちんと女っぽい、「ネイビー」アイテムが、大人の佇まいを素敵に彩ってくれるはずです。

1.女らしいのに、動きやすく楽ちん! 1er Arrondissement(プルミエ アロンディスモン)のスカート見えパンツ

パンツ

▲パンツ 23,000円(プルミエ アロンディスモン)

一見ラップスカートに見えますが…実は後ろから見るとガウチョパンツ。

といってもよくあるガウチョとは一味違い、旬の洒落たムードが漂うのも魅力のひとつで、これはウエストに配したスポーティなグログランベルトのおかげ。(その下は、ウエスト部分がゴムになっているのでフィット感よくはけます!)

またとろみのある2WAYストレッチ素材を採用していて、季節を問わず長~く活躍。秋はパンプスで、寒くなったらロングブーツでと、合わせやすい丈感も魅力で、年中新鮮な足元コーデが楽しめるんです!

「ネイビー」のとろみ素材で、品よく女らしい見た目にもかかわらず、脚さばきの良さもポイント。外回りの日や、ショッピングの日など、活動的な日にもガンガンはけるスカート見えパンツは、仕事に、休日にと、アクティブに活動する大人の女性におすすめの1本です。

ニット14,000円(マイカ アンド ディール 恵比寿本店〈マイカ アンド ディール〉) バッグ64,000円(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴46,000円(ゲストリスト〈ルチェンティ〉)

スカート見えパンツの詳細はこちら

2.働く女性のデイリーウォッチに最適! Knot(ノット)のデイリーウォッチ

ウォッチ

▲ウォッチ 25,000円(メーカーズ ウォッチ ノット〈ノット〉)

秋は、落ち着きのある革ベルトの腕時計がしっくりとくるシーズンです。

日常使いにおすすめしたいのが、好みに合わせてフェースとストラップを選べるKnot(ノット)の魅力を生かして『Domani』がオーダーしたオールネイビーの腕時計。風格がありながらも重たくなりすぎない上品なネイビーは、ドレスダウンした着こなしでも品格をきちんとキープ。

レザーバングルのような感覚で手元を品よく知的に彩ってみましょう! フェースは、トラッドさと視認性のよさで人気の2カウンタークロノグラフ、ベルトは艶のあるリザードレザー。手が届きやすいプライスながら、国産ならではの精巧なつくりも、大人のこだわりポイントです。

39mm腕時計の詳細はこちら

3.顔まわりが、きちんと華やぐmanipuri(マニプリ)のクラシック柄スカーフ

スカーフ

▲スカーフ 11,000円(フラッパーズ〈マニプリ〉)

クラシカルなスカーフを使ったおしゃれが似合う秋。だけれど、スカーフの柄や色、使い方によっては、「ちょっと昔の人」に見えてしまうこともあるので注意!

そんなスカーフ初心者にこそ推奨したいのが、使いやすいデザインとサイズ(通常のサイズよりも小さめの65cm×65cmです!)のマニプリスカーフ

クラシックな馬車柄で、素材もシルク100%と仕様は本格的ですが、大きさを畳んで調整せずとも、首に結ぶだけで今どきの“ちょこんと具合”になるので失敗知らずなんです! 首に巻くほかにも、バッグに巻いたり、手首に結んだり…と、トライしてみてくださいね。

イヤリング[片耳]7,700円(マユ アトリエ〈マユ〉)

クラシック柄スカーフの詳細はこちら

4.肩ひじ張らずに楽しめるクリーンな一枚! TICCA(ティッカ)のノーカラービブヨークシャツ

シャツ

▲シャツ 21,000円(ティッカ)

誰からも好印象を狙うなら、仕立てののよさでおしゃれ通を虜にするTICCAの新作、ネイビーのビブヨークシャツを。

フロントのモダンな切り替えデザインを、体が泳ぐようなオーバーサイズでゆるりと仕上げ。でも大丈夫! そではやや細め、身ごろはストレート、今っぽいサイドスリットで、広がり過ぎず360度が美シルエットなのです。

夏に活躍させていたカラーのロングスカートだって、このシャツをブラウスのようにインして合わせれば、甘すぎずノーブルなお仕事コーデにスライドさせることだって可能。前ボタンをあけてはおりにするのもよし、前だけインして後ろをふんわりとさせるのもよし、着方次第でさまざまな表情を楽しめます。

スカート16,000円(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダ ガランテ〉) 帽子71,600円(CA4LA ショールーム〈ジェームス ロック〉) バッグ16,000円(フラッパーズ〈マニプリ〉) 靴35,000円(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)

ノーカラーシャツの詳細はこちら

着るだけ、身に着けるだけで「感じがいい人」を演出できる大人の「ネイビー」は、今から手に入れて秋~冬前まで使えるので、長い目で見たときにコスパも最高。

Domaniの公式オンラインショップ editstoreで、ぜひチェックをしてみてください。

Domani9月号『editstoreで全部買えます! 』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/江原英二(Astro/人物)、佐藤 彩(静物) スタイリスト/三好 彩 ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) モデル/絵美里、石井美絵子 構成/湯口かおり、旧井菜月

初出:しごとなでしこ

小学館 女性誌 公式オンラインストア editstore/エディットストア

女性たちの「すぐ買いたい」を叶える小学館の女性誌公式オンラインストアです。
editとは…<編集された><編集者の眼を通してセレクトされた>お店。
人気スタイリスト、モデル、編集者、著名人たちのコーディネート力、クリエイト力で、私たち女性誌が長年培ってきた美意識をカタチにしました。「今の私たちが本当に欲しいもの」をお買い物できる場として、ぜひ楽しんでください。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.24

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature