Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

  1. Oggi.jp トップ
  2. Oggi専属美容モデル・若月佑美もハマり中! 手応えに期待!「頭筋からリフトケア」のとっておき美容ツール
  3. PR

Oggi専属美容モデル・若月佑美もハマり中! 手応えに期待!「頭筋からリフトケア」のとっておき美容ツール

モデル・女優として活躍中の若月佑美。日々のスキンケアに加え、美容機器もうまく取り入れてキレイを更新中!
「いくら忙しい中でも、いつでも自分らしく前向きでいたい」と語る彼女が今〝手放せない〟とハマっている美容ツールとは!?
その魅力をレポート!

ネックレス¥74,800(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) ニット/スタイリスト私物

「20代前半、忙しすぎて疲れがたまりがちだったとき、肌あれを繰り返していました。なにをしてもなかなか治らずに悩んでいたのですが、後から振り返ってみて思うのが、目先の悩みだけに捕らわれて、本質が見えていなかった、ということ。それに気付いてからは〝土台から美しくなること〟を意識して、日々お手入れを続けています。絶対になにがなんでも欠かさないのは、日焼け止めと保湿ケア。あらゆる肌トラブルは乾燥が起因となると聞きますし、やはり未来の肌のためには紫外線ダメージから肌をしっかりと守ることも重要。まずは基本の土台を整えるケアをしっかりと続けることが大事ですよね」(若月)

「最近気になっているのが〝頭筋〟のケアです。頭皮は顔と1枚の皮でつながっていて、当然筋肉もつながっているわけだから、頭筋をほぐすケアって大事だな、って思うんです。頭の筋肉が凝っていると、表情までこわばりがちになり、気づいたら肌のゆるみやたるみにもつながってしまう気がして…。マスク生活が続き、表情筋を使わなくなっているともよく耳にしますし、モデルや女優として表情豊かに仕事するためにも、〝頭筋からのリフトケア※2〟が必要だと感じています。私が〝頭筋〟を効率よくケアするために取り入れているのがこの〝スカルプリフト アクティブ〟。もちろん肌のたるみ・ゆるみ対策のスキンケアを投入する手もありますが、根本へアプローチするためにはコレだなって! 防水※3なのでお風呂の中でも使えるし、コンパクトなので持ち歩きもしやすく、楽屋や移動中の車の中でもお手入れできるし、手ではなかなかほぐせないところまで、しっかり届く手応えがあり、とても気に入っています」(若月)

※2 機器を上に動かすこと
※3 IPX5

カーディガン¥20,900(ロートレアモン)
カットソー¥13,200(フィルム〈ダブルスタンダードクロージング〉)

「〝ヤーマン〟は美容機器やスチーマーなどをたくさん発売されていて、キレイをポジティブにサポートしてくれる会社というイメージ。この〝スカルプリフト アクティブ〟もCMを見て〝気持ちよさそうだな〟とすごく気になっていたんです。使ってみたら、EMSの刺激が頭筋にも肌にもしっかり届く実感があり、朝のメイク前にはもちろん、帰宅してからのリラックスタイムにも重宝。美容機器は使うのが面倒になりそう… という不安もありましたが、とにかく心地いいし、疲れて重い頭もふっと軽くなる感じがするから、毎日自然と使い続けたくなります」(若月)

「頭と顔、それぞれに適した2種のアタッチメントがついていて効率的にケアできるのも魅力。頭用は硬めのピンでしっかりと頭皮に届くし、顔用のピンは柔軟性がありしなりが程よくて、凹凸にフィットしてリフトケア※4できる感じ。凝り固まりがちな首や肩のケアにも使えるのもうれしいところ。夜、お風呂の中で湯船につかりながらの〝スカルプリフト アクティブ〟を使ったケアは〝明日も頑張ろう〟ってモチベーションも上げてくれる至福のひととき! これからさらに気になってくるであろう肌のゆるみやたるみ。土台から、根本から、しっかりと整えてくれるようなお手入れは、やるのとやらないのとでは大違い。未来の私にも自信をくれるような手応えを感じています」(若月)

※4 機器を上に動かすこと

若月佑美もお気に入り! リフトケア※5の新定番ツール!

mysé  ミーゼ 

スカルプリフト アクティブ

¥49,500(編集部調べ)

従来品の「スカルプリフト」と比べてEMSの体感が、SCALPモードでは約2倍※6、FACEモードでは約1.4倍※7にアップ。体感に合わせてレベル調整が6段階から可能になったうえ、ユニセックスなカラーリングも魅力。手軽に使えて、パワフルな手応え。頭筋からリフトケア※5をかなえるツールをぜひ、毎日のお手入れの頼れる味方に!

※5 機器を上に動かすこと
※6 スカルプリフト SCALPモードとの比較
※7 スカルプリフト FACEモードとの比較

※8 機器を上に動かすこと

mysé(ミーゼ)公式サイト