Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ブラウスコーデ
  4. 黒ブラウスコーデ15選【2018-2019冬】最新レディース着こなし集

FASHION

2018.01.17

黒ブラウスコーデ15選【2018-2019冬】最新レディース着こなし集

黒ブラウスコーデのまとめ。今回はこの冬に取り入れたい、レディース向け黒ブラウスコーデを多数ご紹介。キチンとして見える黒ブラウスコーデを女性らしいコーデで様々なスタイルをピックアップ! お気に入りの黒ブラウスコーデを探してみて。

この冬に試したい黒ブラウスコーデ

【1】黒ブラウス×グレー細身パンツ×茶ライダース

黒ブラウス×グレー細身パンツ×茶ライダース

グレー×カーキのニュアンス配色を黒のインナーで引き締めて。ライダースの男前な雰囲気をとろみブラウスで中和するのがポイント。
【11/15のコーデ】肌見せバランスが命のシンプルコーデにシューティがお役立ち♡

【2】黒ブラウス×ベージュトレンチコート

黒ブラウス×ベージュトレンチコート

細身パンツとすっきりブラウスでインナーをミニマムに、お気に入りのトレンチを主役に! スカーフやバッグをアクセントに取り入れて。
働く女性御用達ブランド発【旬顔トレンチコート】6選

【3】黒ブラウス×グレーワイドパンツ

黒ブラウス×グレーワイドパンツ

女子会コーデは、レストランでアウターを脱いだ時のことも計算に入れてインナーを選ぶのがポイント。こんな袖コンシャスなブラウスならテーブル映えもばっちり。
【11/23のコーデ】休日の女子会ランチは、ライダースで辛口モードに

【4】黒プリーツブラウス×グレーノーカラージャケット

黒プリーツブラウス×グレーノーカラージャケット

すっきりしたノーカラーのジャケットにプレーンなカットソーのインナーだと胸元がちょっと寂しくなりがち。軽やかなボリューム感のあるブラウスにすることでおしゃれな印象に。
【11/7のコーデ】今年はアリです! 今っぽくカラータイツを取り入れるなら

【5】グレーベルテッドジャケット×黒とろみギャザーブラウス

グレーベルテッドジャケット×黒とろみギャザーブラウス

ジャケット×デニムのきりっとした組みあわせにはたっぷりギャザーのブラウスで女らしさをプラス。ビジュー靴で華やかに仕上げて。
【11/3のコーデ】ジャケット×デニムを華やかに仕上げる、流行のベロアフラット靴コーデ

【6】黒丸首ブラウス×グレーノーカラージャケット

黒丸首ブラウス×グレーノーカラージャケット

イレギュラーヘムのタイトスカートを主役に、キリッとシンプルにまとめたいときはすっきりした丸首のブラウスをイン。眼鏡で知的な印象もプラス。
【10/30のコーデ】ジャケットスタイルに女らしさと旬を取り入れて

【7】袖黒ブラウス×黒ディテールスカート

袖黒ブラウス×黒ディテールスカート

ボリューム袖ブラウス、ディテールにこだわったスカートと凝ったデザインにオールブラックが映える! カラータイツ使いが絶妙な抜け感を演出。
【明日のコーデ】オールブラックに攻めアイテムの一点投入で華やかさを

【8】黒ブラウス×白フレアスカート

黒ブラウス×白フレアスカート

30歳になったら、今までのフェミニンも大人バージョンに更新しましょう。胸元のスリットがちょっと辛口なこんなブラウスがおすすめ。スカート合わせでも甘くなりません。
素敵なシンプルって「甘すぎない」ことなんです! エディター三尋木奈保が指南

【9】ギャザー黒ブラウス×紫台形ミニ

ギャザー黒ブラウス×紫台形ミニ

ここ数年長め丈スカートが定番化していましたが、ロングブーツの復活に合わせて台形ミニも帰ってきた! ギャザーたっぷりのボリュームブラウスが相性◎。
美脚に見える「ロングブーツ」コーデがトレンド最前線に復帰!

【10】ギャザー袖黒ブラウス×赤スカート

ギャザー袖黒ブラウス×赤スカート

ギャザーたっぷりのボリュームブラウスはまろやかカラーを合わせるとかわいさがトゥーマッチになりがち。今期トレンドの赤で、きりっと引き締めて。
細かいデスクワークが続く月末、仕事の息抜きはオフィス近くのテラスカフェランチ! カラースカートで気分をあげて♪

【11】袖ボリューム黒ブラウス×チェック柄ミニボトム

【11】袖ボリューム黒ブラウス×チェック柄ミニボトム

袖ボリュームブラウスを着こなすには「ボトムにはインせず、アウトして着る!」がルール。すっきり大人っぽいボックス型のデザインでブレイク必至のミニボトムは、ぴたっとしたトップスは避けて、すとんとしたボックスシルエットで着こなすのが正解! 黒なら、甘く転びがちなそでのリボンもシックにきまる◎。
袖ボリューム【ブラウス】着こなしのルールは「ボトムはアウトして着る!」

【12】ギャザー黒ブラウス×デニム×バレエシューズ

【12】ギャザー黒ブラウス×デニム×バレエシューズ

ジェニック袖のブラウス×デニムの定番スタイルは、シアーな靴下と1cmヒールの足元で着こなしにスパイスを加えて。靴下はくしゅっとたるませてはいて、ニュアンスを出すのが今どき。
1cmヒールのフラットシューズでも【脚長】に見せられる5つのコツ

【13】レース黒ブラウス×カーキチノパン

【13】レース黒ブラウス×カーキチノパン

クラシカルなレースブラウスや、ワンハンドルバッグ、華奢なピンヒールでレディなムードを加えることで、カーキのカジュアルさを大人っぽく仕上げて。これだけ女らしい要素を盛ってもトゥーマッチに見えないのがカーキのいいところ。
【明日のコーデ】レースブラウスでユニセックスなチノパンツを女っぽく!

【14】黒ブラウス×黒ワンピース×レギンス

【14】黒ブラウス×黒ワンピース×レギンス

モードに着こなせるジャンパースカートは、黒ブラウスをインに合わせて〝都会派のモード〟を意識して◎。深めのスリットが入ってよりモードなスタイルを演出してくれる。足元はレギンス×ローファーで大人のカジュアルに寄り添って。
売り切れる前にここからチェック!【U¥15,000】オンオフ使えるジャンパースカート♡

【15黒Vネックブラウス×デニム×メタルブーティー

【15黒Vネックブラウス×デニム×メタルブーティー

デコルテが深く開いた黒ブラウスとブルーデニムでつくるパリシックな着こなし。ギリギリまで攻めた深いVネックもハイウエストなデニムも、無造作なバランスの女らしさと向き合うために両方大切◎。
【2018秋冬】トレンドのアニマル柄、大人はどう取り入れる!?|レオパード派orパイソン派? おすすめコーデ16選


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.12.18

編集部のおすすめ Recommended

Feature