Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活
  4. とにかく妊活にはスピード感が大切!【33歳の妊活日記5】

LOVE & WEDDING 妊活

2018.01.09

とにかく妊活にはスピード感が大切!【33歳の妊活日記5】

33歳兼業主婦ライターが妊活を実録リポート第5回。

Hana

バリバリと仕事をしてきた20代、30歳を越えこのまま独身バリキャリを貫くのかと思ってた矢先に社内の先輩男性と縁あって32歳で結婚。さぁ次は妊娠と考えた2016年5月から、2018年の今、未だ妊娠に至らず…自分の努力だけでも越えられない壁があることに気がつき、同時に同じ悩みを抱える30代女性の多さを知る。

自分は妊娠できるのか、その答えはまだ見つかっていないけれど、同士のような女性たちへのエールもこめ、またこれから先、妊娠に悩む女性たちに少しでも役立てばと、実録で33歳兼業主婦ライターが妊活をリポートします。

排卵誘発剤クロミッドが効かない!?

前回までのお話。32歳にして妊活を開始した私、hana。

かかりつけのレディースクリニックにて不妊治療を始めました。初めて排卵誘発剤なるものを服用したものの…1度目の排卵誘発剤クロミッドは効果が出ず、排卵しないので、クロミッドをさらに継続して服用することになりました。

錠剤
(C)Shutterstock.com

初めてクロミッドを処方された時に、ネット検索をしtて自動表示された検索ワード「クロミッド効かない」をまさか自分も検索することになるなんてね。でもこの検索ワードを使って、ヒットしたネットのベビ待ち掲示板を一通り目を通しました。

ふむふむ。どうやら1回目の一錠では排卵しなかったというひとがたくさんいそう! 仲間がいて少し安心しました。でも同時にもう一つわかったことは、排卵誘発剤を増やしても排卵しない人もいるということ。

パソコン操作する手元
(C)Shutterstock.com

あーきっと私もそうだろうなという予感がこの時すでにありました。そんな嫌な予感がしつつも、クロミッドを一定期間また飲んで、いよいよ再診です。そして、この日の再診で衝撃の事件が!

先生「あー全然育ってないねーなんでだろう?? えー。うーん。なんで育たないのかなぁ?」
私の心の声「(;∀;)やっぱり!」
先生「うーん。うーん。ちょっとしばらく様子見て。また来て」
私の心の声「えーーーーー! ここから放置!? 様子見ってどないすんのよ〜??」

でもこういう場面でビビリな私、何も言えなくて「わかりました」と診察室を出ました。この先生なぜ私のことリリースしたんでしょうね。ホルモン検査前は不妊専門院に紹介状を書きますよと言ってたのに。

今の病院に転院してからわかりましたが、私のホルモン値の異常はそれほど大きい訳ではないようなのです。それなのに、どういうわけかなかなか排卵しないので、お医者さんからするとわかりづらくしぶとい症状だなぁと感じるみたいです。

 

医師の言葉や激務、旦那の態度に葛藤し、治療を3か月間放置

そして、この日先生に治療をリリースされた後、そのまま3か月間「様子見」と称して、私は治療を本気で放置しました。

街をあるく女性
(C)Shutterstock.com

今思うと本当にバカですね。あの時の自分を、叱ってやりたい! だって3か月あれば3回もチャンスがあったのに。ちなみにこの様子見期間、月経は一度も来てませんでした。

だけど少しだけ言い訳をさせてもらえるとしたら、放置したのにも、いくつか理由があって。この再診直後、仕事で大きなお仕事を任せてもらえるチャンスがあり、人生最高に働いていたのです。連勤、残業、一時的にボロボロでした。やりがいはもちろんありましたが、悠長に妊活なんて言ってられなかったんです。同時に、不妊専門院に行くべきかを3か月かけて自分の中で葛藤していました。

当時、旦那さんが妊活に前向きじゃなかったんですよ。こどもは自然に授かるものっていうのが旦那さんの考えでした。だから私が病院の話をすると、少し機嫌が悪くなるように感じていて、私は不妊専門院に行くことに躊躇していたのです。

食事をする夫婦
(C)Shutterstock.com

この3か月という期間は私にとって自分自身を納得させたり、家族に理解を求める上では必要な期間だったと思います。ただ、それは別に3か月も必要はなくて、もっと短期間でできていたら、もっと良かったですね。

不妊治療専門の有名な病院の先生も、とにかく妊活にはスピード感が大切と仰っていました。時間をかけることで、自分がどれだけ納得できたとしても、女性の場合、日を追うごとに、妊娠することは確実に不利になるのですから。

とにかくスピード感。妊活プロジェクトの合言葉だそうです。だからこれを読んでいる読者の皆さんも、子供が欲しいなと思ったら、早めに行動したほうがいいし、今独身であってもいつか子供が欲しいなら早く体質改善しておいて損することは全くありませんよー!

あぁ当時の私にきかせてあげたい! 自分で言って耳が痛いです…。

※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

ハワイ

Hana 33歳兼業主婦ライター

広告代理店で働くアラサー主婦OL。結婚2年目。主婦業、仕事に追われながらも、ただいま子作り奮闘中。夢は、家族でハワイ移住。


【 おすすめの関連記事 】Read more

Feature