Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 女性から大人気の【ラーメン】を作る美人店主の日課は、「夫と手を繋いで寝る」こと

WORK

2018.01.21

女性から大人気の【ラーメン】を作る美人店主の日課は、「夫と手を繋いで寝る」こと

今回ご紹介するのは、ラーメン店 店主の奥中宏美さん。様々な分野でキャリアを輝かせている女性たちが「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、人生観を映し出すドキュメンタリー番組「7ルール」を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけます。

奥中宏美さんってどんな人?

ラーメン店 店主・奥中宏美さん

今回ご紹介するのは、ラーメン店 店主・奥中宏美さん。
奥中さんは、東京・茗荷谷のラーメン店「生粋 花のれん」を夫と2人で切り盛りしています。

まだオープンして2年ですが、グルメ雑誌にも掲載されるなど、メディアからの注目も集める人気店。

看板メニューは地鶏と貝でとった出汁に、厳選した4種の醬油ダレを合わせる醬油ラーメンと国産塩5種をブレンドした塩ラーメンです。

塩ラーメン

女性客を意識して仕上げた、あっさりだが旨味の強い一杯を求め、連日開店前から行列ができています!

また、もともと「いろいろなものを食べたいから1杯で終わってしまうラーメンがあまり好きでなかった」という奥中さんのこだわりとして、「季節の温野菜」や「自家製クレームブリュレ」などのサイドメニューも置かれています!

自家製クレームブリュレ

ギャルで大変だった時代を経て、夫とラーメン店の開業を決意。

奥中さんが幼い頃に両親が離婚。10歳のとき、母親が再婚し母親のもとで育ったのだそう。

高校時代は、日焼けサロンに通い、肌は真っ黒。髪も金髪に染め、全てに対して反発していた。そんななか、高校に行かなくなり、中退。

その後、高校に再入学し、20歳で卒業。運送会社へ就職し、そこで夫・俊光さんと出会い2011年に結婚。

運送会社を退社後、ラーメン好きの夫とラーメン店を開業することを目指し、夫婦別々のラーメン店で約3年間修業を積んだのだそう。

そして、2015年に念願の店をオープン。

オープン当初は、思うように味が出せなかったりうまくいかないこともありましたが、夫と二人三脚で乗り越え、現在では行列ができるほどの人気店に。多いときは、2人で1日150杯も作っているのだとか。

ラーメン 麺茹で

奥中宏美さんの「7つのルール」

さて、そんな奥中さんが「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」とは…

1. 開店前に必ずラーメンを食べる

開店前に必ずラーメンの味見をして、微調整をしたうえでお客さんに提供するように徹底している。同じ材料を使っていても、気温によって麺の状態や茹で上がり方が違うのだとか。

ラーメン

2. 女性と子どもには先にラーメンを出す

女性や子どもは男性に比べて食べるペースが遅いから、先にラーメンを出すようにしているそう。お客さんに応じてラーメンの出し方も工夫するという心遣いは嬉しいですね!

3.  店では夫と敬語で話す

店では、夫と敬語で話すという。仕事中は、パートナーであり同志なので、お互い尊重し合うことが大切だという。

ラーメン 仕込み

4. 手をつないで帰って手をつないで寝る

仕事で一緒にいるのと仕事の外で一緒にいるのは違う感覚。手をつないで帰って手をつないで寝るというのが奥中さんたちのお決まりなのだとか。結婚して7年経ってもそんな関係でいられるのは羨ましい♡

5. 週に1回母親の店に行く

休みの日は、できるだけ母親のお店に顔を出し、母親の再婚相手の父に料理を教わっているのだそう。

母親の店

6. 家には炊飯器もガスコンロも置かない

自宅には、炊飯器もガスコンロも置いていないということには驚き。営業日は店で賄いを食べ、休みの日は外食をして勉強するようにしているという。

自宅 キッチン

7. すごく丁寧に接客する

女性ならではの気遣いとして、お店には紙エプロンはもちろん、ヘアゴムやブランケットも用意。子ども向けのキャンディーも常備されている。また、ラーメンを出す前にまずランチョンマットを敷き、箸置きの上にレンゲと箸をセット。ラーメン店ではなかなか見かけない丁寧な接客も女性から人気の秘訣なのではないでしょうか。

醤油ラーメン

10代の頃は、「なんで私はこんな環境で生まれたのだろう」という気持ちばかりだったそうですが、お店を始めてからは「いままでの環境がいまの自分に生かされている」と思えているのだそう。

しごとなでしこのみなさんも、奥中さんのこだわりがつまったラーメン店に足を運んでみてはいかがですか♪

文/かわはらりな


次回の「7ルール」の放送は、1月23日(火)よる11時~11時30分です。今回に続き、冬のグルメ第2弾! 主人公は、代々木上原の按田餃子を営む料理家の按田優子さんです。

しごとなでしこでは、様々な分野で輝いている女性たちに密着! 番組を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけていきます! ぜひチェックしてみてくださいね♡

初出:しごとなでしこ

セブンルール(カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット)

【放送日時】4月18日スタート 毎週火曜よる11時~11時30分
番組は“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着し、7つのルールを手がかりに、その女性の人生観を映し出す新感覚ドキュメント。スタジオでは、YOUさん、若林正恭さんに加え、芥川賞作家の本谷有希子さん、俳優の青木崇高さんが縦横無尽な人生観トークを繰り広げます。

【7RULES(セブンルール)オフィシャルWeb site/SNS】

オフィシャルWeb

Twitter

Instagram

ラーメン店 店主 奥中宏美

東京都出身 31歳。東京・茗荷谷にあるラーメン店「生粋 花のれん」を夫婦で営む。高校卒業後、就職した運送会社で夫・俊光さんと出会い2011年に結婚。運送会社を退社後ラーメン店の開業を目指して、夫婦別々のラーメン店で約3年間修業を積み、2015年に念願の店をオープン。夫婦2人で支え合いながら作るラーメンが評判を呼び、行列のできるお店として女性や子どもからの支持を集める。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.24

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature